イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

・・・。- Arsenal vs Liverpool -

Emirates Stadium。
最も近づきたくないスタジアムの一つだ。
英国の最もダサいチームといよいよ対戦となってしまった。
アンリは素晴らしい。
しかし後は何一つ魅力はなく、おまけに監督は前の試合で負けた腹いせか
相手監督に突っかかる程の愚か者だ。あっギャラスがいたか・・・

私個人的には最も負けたくない相手だし、絶対に負けてはいけない。

Redsのスタメンは、シソコの離脱だ心配だが、
GKレイナ、DF右からフィナン、キャラガー、ヒューピア、リーセ。
中盤は中にシャビ・アロンソとゼンデン、左マルク・ゴンザレス、
右にキャプテン、スティーブン・ジェラード。
2トップはクラウチとカイト。
ベラミーがベンチに入ったのは幸いである。

11分。1stシュートはレイナのパントキックにカイト!惜しい場面であった。
14分。先制ゴールかと思われたがオフサイド!クラウチの戻りオフサイドだ。
いい形であっただけに残念だ・・・
28分。左の位置からのFKにゴンザレスが流し、ゼンデン!枠に行かなかった。
前半が終わって1-0。
41分に偶然にも知らない奴に点を取られてしまった。

49分。高い位置でのボールカットから最後はスティーブン・ジェラード!
高い位置でのいいプレスであった。
62分。Rafaが動いた。
ここまでいいところのなかったゴンザレスに代わり、ペナント。
66分。ゴール正面からスティーブンのミドル!決められない・・・
71分。デカイのに代わってベラミー投入!走り回ってゴールをこじ開けて貰いたい。
72分。何のホイッスルかと思ったら主審自らが倒れ込んだ。おいおい・・・
83分。ペナントが右をえぐり、スティーブンへ!
シュートミスにベラミー!しかしオフサイド!今日初めてのビックチャンスであった。

しかしどうして今シーズンもというかAWAYでは全く別のチームになってしまう
のだろうか・・・こんなダサいチームにまで負けてしまって・・・
決定的なチャンスが作れないAWAYのReds。
寂しいが当然の結果ともいえる。
3点目の失点などはマークが全くズレまくりのお粗末な失点だ。
正直プレミアは4位以内を確保して貰えばいいと楽観視するほか言葉はない・・・

Arsenal 3-0 Liverpool
e0055069_22175181.gif
[PR]
by jicchan1968 | 2006-11-13 22:18 | サッカー