イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ご無沙汰です!!- Newcastle Utd vs West Ham Utd -

e0055069_14395973.gifSaint James’Park。
いやぁ~色々とあってブログの更新も約2ヶ月あいてしまった・・・
プレミアのゲームも殆ど観てはいたのだが・・・
"赤""青"対決ではなく、もう一つ私の好きな両チームの対決で復帰させてもらった。
ニューキャッスルはバットのゴールなどいいところもあるがまだまだ本調子ではない。
一方のハマーズもCurbishleyを迎え、Unitedは止めたものの・・・
そう簡単に連勝とはいかない・・・
ベナユンが調子を上げてきているので本当に楽しみだ。
どっちを応援していいかわからないゲーム。
困った。2-2ぐらいだと有難いのだが・・・(苦笑)

先制点は18分。
Saint James’Parkの大観衆がざわめき出したところで生まれた。
CKから最後はカールトン・コールが押し込んだ!
流れが来た時間帯ですっと点を取れると楽なものだ。
「何やってんだ!!」という声さえ聞こえそうなスタンドの苛立ち・・・
すると23分。スルーパスに抜け出したヘアウッド!
あっさりと2点目が決まってしまった。
ニューキャッスルはダイアー、マルティンスの惜しい場面はあったものの、
まだまだチャンスが少ない。
43分。CKからバットのヘッドもキャロルのgood saveに阻まれる。
するとロスタイム。右サイドを突いたミルナーの左足!ゴォ~~~~ル!
オフサイドポジションにいたがスルーしたため、ゴールと認定。
GKキャロルをはじめハマーズの選手は猛抗議。無理もないだろう。
ハマーズとしては後味の悪い形での折り返しとなった。
一方のニューキャッスルは後半に向けて最悪の形は免れた。
前半を1-2で折り返した。

後半、まさかの失態。ボア・モルテがまさかのハンド!PKだ!
53分。ソラーノがあっさりと決めて同点に追いついた。
スタジアムの大観衆もCurbishleyも違う意味でたまらない・・・
どちらにとっても勝ち点「3」が欲しかったゲームであったが、スコアはこのまま。
ニューキャッスルは前半の失点、2人の怪我による交代が痛かった。
一方のハマーズは何と言っても2点を先制しながらも追いつかれた。
特に後半開始直後のボア・モルテのハンドが痛かった。
私の期待通りのスコアになってしまった訳だが、両チームにとってもまさしく痛み分け。
両チームのReds戦以外での今後の巻き返しに期待したい。

Newcastle Utd 2-2 West Ham Utd
[PR]
by jicchan1968 | 2007-01-21 14:40 | サッカー