イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

いやぁ~-Lille OSC vs Manchester Utd-UEFAChampionsLeague Knockoutround

e0055069_523589.jpg

Stade Felix-Bollaert。
倉敷&金子コンビが聴きたかったが、結局こちらにしてしまった。
一昨日の予想が当って欲しくないのだが、果たして・・・

注目のスタメンだが、私がキープレーヤーとあげた
ラーションをやはり先発で使って来た。

立ち上がりの15分は一方的なユナイテッドペースではない。
むしろリールの攻撃が目立ち、HOMEの戦い方をしている。
21分。いよいよ少しリズムが出て来たユナイテッドが分厚い攻撃をみせる。
せっかくまずまずの好ゲームなのだが、30分をたたないうちにイエロー4枚が気になる。
リールもラーションに対し、ここまでよくオフサイドをとっている。
42分。ユナイテッドがボックス内でこの日最大のチャンスを迎えたが決められない。
45分。リールも左サイドからいい攻撃をみせね最後はミドル!
惜しくも枠を外れた。
結局、予想通り0-0で前半が終了。
リールの好守が目立った。

後半、GKファン・デルサールの交代はなかった。
51分。キレキレのウエインが独走。DFをかわし、ふわっとしたクロス!
惜しい・・・ループシュートでも面白かった。
今シーズン確かFA CUPでみせたあのループの再現なるかというシーンではあったが・・・
54分。今度はロナウド!GK正面。
57分。リールもゴール前、ビックチャンスを迎えたが上手くヒットしなかった。
62分。リールが左のクロスに上手く合わせ、先制ゴォ~~~~ル!
と思われたが競ったヴィディッチを押したとの判定でノーゴォール。
肝を冷やしたのはヴィディッチとファーガソンであろう。
67分。何とかリズムを掴みたいユナイテッドはロナウドに代えサアを入れた。
確かに今日のロナウドは完全に抑えられていた。
74分。右サイドのウエインへの絶好のパスからチャンスを作り、
最後はラーション!来たぁ~と思ったが、ふわっとしたループはわずかに枠を外れた。
81分。リールも右からのクロスに上手く合わせたが枠に行かない・・・
83分。ゴール前、絶好の位置でFKを得たユナイテッド。
カメラも追いつけない程のリスタートの速さでライアンが決めた。
ユナイテッド先制!何だよと思ったのは私だけではない。
当然ここまで攻守にわたって素晴らしいパフォーマンスを魅せていたリールも猛抗議。
試合など続けられないとばかりにスタジアムもリールの選手を煽る。
私の予想では82分にリール先制で1-0と予想したが全く逆であった。
結局このまま長いホイッスル。
リールは試合内容では完全に勝っていたものの、するりと勝ち点を逃してしまった。
ロナウドを完全に封じ込め、ラーションに対しては完璧なラインコントロールで
何度もオフサイドを奪った。
攻撃に関しても左右からのクロスでリオ、ヴィディッチを何度となく苦しめた。
あのライアンのFKがゴールなら62分のリールのゴールもありだろうと思う
選手たち、スタジアムに駆けつけたサポーターは当然であろう。
いずれにしても大きな大きな勝ち点「3」と貴重なAWAYゴールを奪ったユナイテッド。
Old Traffordでこのハンデがあれば磐石であろう。
それにしてもせっかくの好ゲーム。
難しい判定ではあったのだが、何とも後味の悪い試合となってしまった・・・

Lille OSC 0-1 Manchester Utd
[PR]
by jicchan1968 | 2007-02-21 06:57 | サッカー