イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2冠へのプライド。The FA Cup FINAL-Chelsea vs Manchester Utd-

e0055069_17385554.jpg
Wembley Stadium。
99-00シーズン以来にここ聖地・Wembleyに戻って来た。
既にCARLING CUPを制しているJose。
しかし、CLではRedsに死闘の末のPK負け、
リーグ戦ではHOME・Stamford Bridgeに
ユナイテッドイレブンを拍手で出迎えるという屈辱を味わった・・・
一方のユナイテッドもリーグ戦こそこの直接対決を待たずに優勝を味わったが、
CLではまさかのミランに屈辱ともいえる完敗で決勝への夢、3冠の夢が絶たれた・・・
そんな両チームの真剣勝負の一戦。
Redsのビックイヤーを賭ける一戦はまだあるものの、
今季のプレミアの最後を飾る集大成ともいえるこの一戦。
面白くない筈がない。

Chelseaのスタメンは、GKチェフ。
DFは右からパウロ・フェレイラ、エッシェン、ジョン・テリー、ウエイン・ブリッジ。
中盤の底にマケレレ、ランパードにミケル。
3トップの右ショーン・ライト、左ジョー・コールにドログバという布陣。
怪我に泣かされ続けた今シーズンを象徴するような布陣だ。
一方のユナイテッド。GKファン・デルサール。
右からブラウン、リオ、ヴィディッチ、エインセ。
中盤の底にフレッチャーとマイケル・キャリック、右ロナウドで
左は勿論、ライアン・ギグス、トップにウエイン・ルーニーという布陣だ。

高みの見物といきたいところだが、アーセナル戦後、テリー、ランパードを抱擁した
Joseの姿が頭から離れない私は、Chelseaを応援したい。

開始15分。重々しい雰囲気で始まったゲームも徐々に動きが出て来た。
オフサイドではあったもののウエインのこの日最初のシュートシーン。
22分。くさびでボールを受けたドログバが振り返りロングシュートを放つ。
31分。ボックス内でランパードのシュート!
続く37分にもランパードがミドルを放つ。
40分。スコールズにラストパスに反応したウエインもオフサイド。
重々しい45分が終わった。

後半、早くもJoseが動いた。
ジョー・コールに代わりロッベン。
PKで泣いたロッベンもこのままシーズンを終わりたくないてせあろう。
そんな気持ちを知っての指揮官の思いからの起用かもしれない。
後半開始早々、ウエインがキレのいい動きからシュート!
ここはチェフがgood save!事なきを得た。
ロッベンが入り攻勢をかけて来たChelsea。
しかし57分。スコールズからライアン!シュートは惜しくも枠を外れた。
60分。FKにドログバ!ニアを狙ったボールはわずかに外れた。
その後も高い位置でのチェック、潰し合いが続き、予想通り0-0の延長戦へ。

延長2分。ようやくファーガソンが動いた。
フレッチャーに代わりアラン・スミスが入った。
これでまた面白くなった。
すると直後の4分、Joseも動く。ショーン・ライトに代わってカルー。
14分。ロッベンのパスカットからチャンスを作り、ウエインのクロスに最後はライアン!
この日一番の決定的な場面であったが、ゴールはわれない・・・
すると15分。今度は相手のクリアボールに詰めたドログバ!
これもゴールをわる事は出来ない・・・そしてホイッスル。
延長前半が終わった。

延長17分。ウエインがシュート!本当にウエインはタフだ。
するとJoseが最後のカードを切った。ロッベンに代えアシュリー・コール。
20分。スコールズからウエインへの絶妙なロングフィード!
それでもシュートまで行けなかったが、最高のボールであった。
延長23分。お役御免とばかりにライアンとキャリックが下がった。
代わったのはスールシャールとオシェイ。
直後の24分。カルーが中央からシュート!
コースは限られたが、これまた決定的な場面であった。
そして延長26分いや116分と言った方がいいだろう。
ミケルからドログバ、右にいたランパードへダイレクトでのリターンにドログバ!
ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ル!
遂に、遂にゴールシーンが観られた・・・
何ともChelseaらしい、今シーズンを締めくくるに相応しいゴールシーンだ。
Chelseaのゴールにこんなに喜んだのは、いつ以来か覚えていない。
バルサ戦?いやぁ~わからない・・・
結局このまま長いホイッスル。
神様はJoseに最古のカップトロフィーをプレゼントした。
そしてテリーとランパードは勝利の美酒、有終の美を掴み取った。
オフシーズンの補強では明らかにJoseの望んだ人材ではなく、
ユニフォームが売れそうな選手が入り、Joseは彼らを使い続けた。
そしてあれだけ怪我人を出しても結局終わってみれば2冠。
来シーズンこそはビックイヤーを目指して・・・

気持ちの入った本当に素晴らしいゲームを魅せてくれた。
さぁ、これでいよいよ残すはアテネの大一番のみとなった。
相手は100%ユナイテッドだと思っていただけに、
まったくの想定外の相手だが、油断は禁物。
無論、Rafaや選手たちには油断はないであろうが、
私の予想では3-0か2-0と思ってはいるのだが・・・
私だけがミランをバカにし過ぎているのだろうか・・・

Chelsea 1-0 Manchester Utd
116' Drogba
e0055069_17395973.jpg
[PR]
by jicchan1968 | 2007-05-20 17:40 | サッカー