イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

一番欲しいもの。-Liverpool vs Inter- UEFA CL/Knockout round 1stLeg

e0055069_21211656.jpg

Anfield。
いよいよこの日がやって来た…
UEFAチャンピオンズリーグノックアウトラウンド1回戦1stLeg。
相手はイタリア最強を誇るインテル。
この聖地でのアドバンテージを活かしたい…
この決戦のスタメンはGKレイナ。
DFは右からフィナン、キャラガー、 ヒューピア、ファビオ・アウレリオ。
中盤の底にマスチェラーノ、右にカイト、左バベル、中にもう一枚ルーカス。
そしてトップ下にキャプテン、スティーブン・ジェラード。
1トップの形で戻って来てくれたトーレスという布陣だ。
前半は様子を伺っているインテル。
容易に攻め込まない…
一方HomeのRedsは立ち上がりから攻め込むものの
ここ最近のRedsらしく決定機が作れない…
ゴール前でのシュートシーンは少ないものの、
ペナルティボックス内に入らせまいとインテルの厳しいチェックが目立つ…
すると問題児マテラッティ、そしてコルドバが早々にイエローを貰う…
当然の事だが、とりわけトーレス、スティービーへのチェックは早い。
すると29分。トーレスがマテラッティに倒された!
まさか!と思ったが主審は迷わず2枚目のイエローを掲げた!
マテラッティ退場!
かなりAnfieldよりの判定に助けられた…
マテラッティでなければいくらReds好きでも同情したであろう…
これで有利どころか2―0で勝てるチャンスを貰った!
しかし前半はスコアレス。
CKからのヒューピアの惜しいヘッド以外は決定的な場面は作れなかった…

後半、動いて来るかとも思われたが、Rafaは動かない…
カイト、バベル、フィナンらがサイドから仕掛けるも守りに入った
インテルの壁を簡単に突破出来ない…
60分。ようやくRafaが動いた。
ルーカスに代わりピーター・クラウチ。
しかしクラウチの高さを活かせるようなクロスがなかなか入らない…
すると分。バベルに代えてペナント。
バベルの交代時の後ろ姿が『サイドじゃなくてトップならもっとやれるのに…』と
言いたげに見えたのは私だけであろうか…
私だけでなく、Anfieldへ詰め掛けた多くのKOPがそろそろと苛立ち
はじめる頃ようやく待望の先制点が生まれた…
85分。右、左とポジションを代え相変わらずの献身的な動きをみせるカイトが決めた!
フィナンからのクロスが流れ、ファーにいたカイトが上手く抑えて蹴り込んだ!!
ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ル!
ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~ル!ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~ル!
ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ル!
遂にインテルの壁を突破した!
2ndLegを考えるとこのままではまだ危ない…
2―0以上の結果が必要だ…
すると88分。待望の男から追加点が生まれる…
ペナルティボックス手前、真ん中やや右に走り込んだスティーブン・ジェラード~!
ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ル!
ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~ル!ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~ル!
ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ル!
2―0!
オウンゴールでも嬉しいが、とりわけカイトとスティービーのゴールというのが嬉しい!
結局このまま長いホイッスル!
大事な1stLegを2―0で乗り切った…

しかしRedsには以前のような決定機は少なく、
完全に主審に助けられた勝利といっていいだろう…
何より一番欲しいものである『勝利という結果』を得られた。
一方のインテルは何といってもマテラッティの退場であろう…
10人ではいくらカウンターからといっても0―0で終わらせる事が最優先となる。
中でもカンビアッソ、キヴは効いていた。
ズラタン、クルスらアタッカー陣も黙ってはいないだろう…
ペナルティボックス付近でのファウルもスタンコヴィッチがいる限り要注意だ…
ただインテルにとって痛いのはマテラッティが出られない事とコルドバの怪我が重そうだ…
それでも世界屈指のタレントを誇るイタリア王者は危険には違いない…
サンシーロでは今日のような笛とKOPスタンドはないが、
その魂の叫びと誇りをもってすれば乗り切れる事であろう…
ただ0―0でいけるというプランはあまりにも危険過ぎる。
前半から守備的に入るだろうが隙あらば突くという姿勢をみせる事が大事であろう…
前半を凌ぎ、後半の立ち上がりカウンターからトーレスもしくはカイトあたりが決めて
0―1で乗り切れたら最高だ…
審判に助けられたとはいえ勝ちは勝ち!
私がインテリスタであったら『第2の中東の笛』と揶揄する事だろう…

UEFA Champions League Knockout round 1stLeg

Liverpool 2―0 Inter

Goals;Kuyt 85 ,Gerrard 90
e0055069_2122227.jpg

[PR]
by jicchan1968 | 2008-02-20 21:23 | サッカー