イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最高の”8”と”9” ~Liverpool vs Newcastle United

e0055069_227290.jpg

Anfield。
Redsの戦い方がようやく安定してきた。
トップにトーレス、右カイト(ペナント)左バベル(ベナユン)。
トップ下のど真ん中にスティーブン・ジェラード。
シャビ・アロンソ、マスチェラーノのダブルボランチ。
DFは右からフィナン(アルベロア)、キャラガー、スクルテル(アッガー)、
リーセ(ファビオ・アウレリオ)。
GK守護神レイナ。
いわゆる4―2―3―1。
粕谷さん金子さんも言っていたが何よりもスティービーが生き生き
しているのがたまらない…
トーレスも完全にフィットし、Redsの9番として素晴らしい活躍であり、
その歴史に深く名を刻む事だろう…
リーグの灯は消えたとはいえ、4位の死守いや3位を狙う覚悟で臨まなくては
CL圏内は厳しい…
今日の相手はNewcastle。
試合前、オーウェンが何度もスティービーの顔を見るが目を合わそうとしない
スティービーが印象的であった…
Redsはインテル戦に備え、スタメンはGKレイナ。 
DFは右からアルベロア、キャラガー、スクルテル、リーセ。
ダブルボランチはシャビ・アロンソとルーカス。
右にペナント、左ベナユン。
トップ下のど真ん中にキャプテン、スティーブン・ジェラード。
1トップは絶好調フェルナンド・トーレスという布陣。
前半で2点のリードを奪い、60分までに3点差をつけ、トーレス、
スティービー辺りを休ませられれば最高であろう…

試合はポゼッションで圧倒的に上回るReds。
徐々にゴール前に迫るもののなかなか決定的な場面までは作れない…
一方のニューキャッスルはオーウェン、ダフらになかなかボールが入らない…
前半スコアレスでの折り返しと思ったが、43分。
ゴール前、エンリケのクリアボールがペナントの足に当りそのままゴールネットへ…
両チームの現状を物語るようなラッキーなゴールでRedsが先制した!
すると直後の46分。
カウンターからやや左に開いたスティービーから最高のラストパスがトーレスへ!
GKを交わし、落ち着いてシュート!
ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~ル!
ゴール前での落ち着きは何なんだ!という程の素晴らしいゴール!
私とRafaの望み通り?前半を2―0で折り返した。

後半に入り、どう動くかと思われたが51分。
中央からいつものお礼とばかりにスティービーへラストパス!
いとも簡単にゴールを奪った…3―0。
66分。お役御免とばかりにスティービーがOUT。
代わってカイトが入った。
67分。ようやく途中出場のマルティンスがリーセを振り切りシュート!
この日初めての決定的な場面であった…
70分にもマルティンスは距離のある位置から意外性のあるロングシュート!
クロスバーを叩いた…
72分。予定通りトーレス様がOUT。
クラウチが入った。
82~83分。ようやくカイトがシュート!
続いてリーセ!リバウンドをもう一度リーセ!
ようやく決定的な場面を作った。
88分。右に開いたカイトからのクロスにベナユン!
決定的な素晴らしい場面であった…
結局このまま長いホイッスル!

予想がこんなに当るとは・・・3-0の快勝!
Redsにとってはようやく波にも乗ってきていい形で
インテル戦に臨む事となった。
粕谷さんが再三ふれていたように本当にNewcastleの現状は深刻だ…
他チームの事を心配している余裕はないのだが、
嫌いなチームではないゆえ心配だ…
ともかくインテル戦を無事乗り切り、プレミアでの連勝記録を一つでも伸ばし、
ロンドンのダサいチームに快勝といきたいところだ・・・

Liverpool 3-0 Newcastle United

Goals;Pennant 43 Torres 45 Gerrard 51
e0055069_2272186.jpg

[PR]
by jicchan1968 | 2008-03-10 22:09 | サッカー