イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

プレミア根底の問題 ~Manchester United vs Liverpool

e0055069_22584975.jpg

Old Trafford。
好調Redsもいよいよこの時を迎えた…
National Deaby。
ここでRedsが勝てば消えてしまったプレミアの灯が
再びわずかながら燈る事になるのだが…

今日のRedsのスタメンはGKレイナ。
DF右からアルベロア、キャラガー、シュクルテル、ファビオ・アウレリオ。
中盤の底にマスチェラーノとシャビ・アロンソ。
右カイト、左バベル。
トップ下のど真ん中にスティーブン・ジェラード。
トップにトーレスという4―2―3―1。
対するUnhtedは、GKファン・デルサール。
DF右からウェズ・ブラウン、リオ、ビディッチ、エブラ。
中盤は底にキャリック、中にアンデルセンとスコールズ。
右ロナウド、左ライアンで1トップにウエイン・ルーニーという布陣。
注目のマスチェラーノvsテベスの対決はお預けとなった…

試合は6分。
ウエインがキャラガーと1対1のビックチャンスを掴んだが、
ここは頑張ったキャラガー!
24分。右サイドからライアンのFK。
ファーにいたロナウド!
ポストに助けられた…
27分。Redsもようやくチャンスを作る!
ゴール前、シャビ→カイトが落とし、スティービー!
惜しい場面であった…
34分。
左に流れたウエインのクロスに上がっていたウェズ・ブラウン!
やられた…
そして前半終了間際の44分。事件は起こった…
苛ついていたトーレスにイエローが出されると、
今日既に1枚貰っているマスチェラーノが納得のいかない表情で
今日の゛主役゛であるスティーブ・べネットに詰め寄った…
そばにいたシャビをはじめ、スティービー、Rafa、
そして私を含めた多くのKOPの嫌な予感は的中してしまった…
2枚目のイエローで退場!
最悪だ…
まだ収まりのつかないマスチェラーノはシャビらの制止を振り切り、
執拗に詰め寄る…
スティービーの制止にも耳を傾けない状況についにRafaが出ていき、
『俺の目を見ろ』というような言葉をかけ、退場した…
前半はというより、終わってしまった…
フットボールでは何が起きるかわからない…
しかし、Old TraffordでUnited相手に10人ではさすがに厳しい…

後半Redsも健闘したものの、結果的には完敗であった…

今のプレミアではとかく審判の質が…という話題が多い。
確かにその通りというところもあるが、サラリーの問題もあるのも事実だ。
週給何万ポンドという破格のサラリーを貰っている選手たちばかりに
スポットがあたり、その高給取りの連中やジャーナリストに叩かれるのは
いつも低所得者の俺達…
質の向上の前にこの問題を解決しないと、
今日のようなゲームが再び起こってしまうのも時間の問題かもしれない…
マスチェラーノが何も悪くないとは全く思わないが、
今日のゲームはあの事件が全てだ…
Man of the match、”スティーブ・べネット”。
以上
[PR]
by jicchan1968 | 2008-03-28 22:58 | サッカー