イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

スティービー、スティービー、スティービー!

e0055069_11123976.jpg

Anfield。
ピッチにかけ上がる階段の先頭にあの男がいる…
スティーブン・ジェラード。
待ちに待ったベストの布陣だ…
得点はわからないが、3―0くらいの完勝の内容が十分期待出来る布陣だ…
しかしマルセイユも必死だ…

22分。トーレスが右サイドを突き、上手く踏ん張ってカイトへ!
惜しい場面だったが、続く23分。
クリアボールを拾い、右深いところシャビ・アロンソからのクロスにスティービー!
ゴォ~~~~~~~~~~~ル!
ゴォ~~~~~ル!ゴォ~~~~~ル!
ゴォ~~~~~~~~~~~ル!
戻って来た偉大なるキャプテンの素晴らしいゴール!
やはり攻撃がスムーズだ…
36分。FK、CKとピンチを迎えたが、事なきを得た。
結局前半はこのまま終了。

トーレスにチャンスを作らせなかったマルセイユはさすがであった。
Redsではマスチェラーノが度々のミスパスが気になる程度で、
今日のゲームの重要性はスタメンをみれば明らかな通り、
全員が認識しているだろう。
後半はチェックが甘くなる時間も出てくると思うので、
トーレスの前にスペースが出来る事だろう…
やはりシュートシーンが観たい!

後半、ファビオ・アウレリオに代わりドッセーナが入った。
57分。シャビ・アロンソが思いっきり蹴られたが、カードはない…
不満だがまずは怪我がなくて良かった…
61分。リエラがいいトラップからのシュート!
ここはGKマンダンダが止めた!
62分。べナルファのクロスは危なかった…
64分。リエラに代わりベナユン。
68分。ベナルファのFKを守護神レイナがfine save!
75分。失敗こそしたが、シャビ・アロンソのFKは完全に裏をつき、
直接狙っていったが面白い…
78分。コネに代わりバルビエナ。
気をつけたい…
84分。バルビエナがマスチェラーノに対して明らかな報復行為。
気持ちはわかるが観ていて不愉快で何の意味もない行為だ…
レフェリーはここでもカードは出さない…
するとカイトに代わりルーカス。
結局このまま長いホイッスル。

終わってみればやはり偉大なるキャプテンが戻って来れば…というゲームであった。
途中解説の粕谷さんも言っていたが、
トーレスのコンディションが完調ではなかったようにみえたのは残念だった。
今日のマルセイユをみる限り、
コネやベナルファがトップコンディションであったら昨シーズンの
二の舞とも思えるゲームであった。
いずれにしても無事Anfieldで勝ち点『3』を得られて良かった。
スティーブン・ジェラード様、様であった…

・UEFA Champions League -Group D-

Liverpool 1-0 Marseille
[PR]
by jicchan1968 | 2008-12-13 11:22 | サッカー