イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Big4対決?

e0055069_11373580.jpg

Stamford Bridge。
巷では『Big4対決』と言われてはいるが、
実際はBig3がロンドンのダサいチームと戦う一戦にすぎない…
CLではデコに続きランパードもレッドカードを貰うなど苦しんでいるChelsea。
私は今シーズンのCLはChelseaがインテルを下して制すると予想している。
Redsがミランを下して制した時もグループステージは本当に苦しんだ。
今日のChelseaは苦しんで欲しくはないのだが…
仕方のない事だが、ドログバがベンチにすらいないのが残念だ…

4分。カルーが飛び出したがオフサイドの判定。
オンサイドにみえたが、入り方としては最高だ…
24分。デコからボジングア、クロスにランパード!
綺麗な攻撃であった。
28分。カルーをギャラスが倒してFK。
ゴールの真ん前、最高の位置だったが決まらない…
30分。ボジングアのクロスに見事にDFが合わせてゴール!
Chelsea先制!
33分。デコがアネルカへスルーパス!
上手すぎる…というかいやらしい(笑)
41分。オフサイドにはなったが、デコからアネルカ、ヘッドでそらしてカルー!
これも美しい…
ロスタイム、カウンターからアネルカのチャンスはあったが、このまま終了。
Chelseaとしてはセスクにミドルを撃たれていたものの、
ほぼスコラーリの望むフットボールが出来ていた45分であっただろう…

後半の立ち上がりもデコ&ランパードの華麗なるパスワーク…
いかにもフェリペが喜びそうなプレーだ…
52分。真ん中でランパード!
惜しいプレーだ…
58分。アネルカのプレーも悪くないのかもしれないが、
昨シーズンのこのカードで魅せてくれたドログバのような迫力がない…
70分。スコラーリが動いた。
ミケルに代えマルーダ。
その後は急に眠たくなってしまった…

難攻不落のStamford Bridgeでまたしても敗戦となってしまった…

・Barclays Premier League Chelsea 1-2 Arsenal
[PR]
by jicchan1968 | 2008-12-13 11:37 | サッカー