イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

Wayne Rooney's Team ~England vs Slovakia

e0055069_227586.jpg

Wembley Stadium。
United、Chelseaサポーターにとっては恵みの代表ウイークだろうが、
我々Redsにとっては嘆きの週末だ…
調子が最高潮に近いのでリーグ戦を続けたかったが…
スティービーは背番号『11』を付けて元気にスタメンだ。
とにかく怪我をしない事だけを祈るしかない…

序盤から攻勢をみせるイングランド。
7分。結果となって表れる。
ウエインから上手く飛び出したスティービーへ!
スティービーから中のへスキー!
ゴォ~~~~~ル!
イングランドあっさりと先制!
その後もウエイン、レノンがチャンスを作る…
15分。先制ゴールをしたへスキーだが、表情が浮かなかったが、
やはりアクシデントのようだ…カールトン・コールが入った。
22分。シュクルテルの悪い癖が出るが、リーグ戦ではゴメンだ…
30分。スロバキアもCKから最後はミドル!
ジェームズにようやく仕事が回ってきた…
34分。代わって入ったカールトン・コールも負傷。
クラウチ先生の登場だ…
37分。レノン!スティービー!と続けてシュート!
惜しかったが、中のクラウチは欲しかっただろう…
40分。ウエインからスティービーへのスルーパスもオフサイド!
惜しかった…
41分。アップソンがマズいプレー…
CBとしては絶対にやってはいけないプレーだ…
43分。レノンからスティービー!
これも惜しかった…
結局ワンサイドの内容だが、結果は1―0。
いくらフレンドリーマッチでも後半の立ち上がりで追加点の欲しいところだ。

後半、カペッロが動いた。
背番号『17』ベッカム様の登場だ!
前半、輝きと存在感をみせたレノンに代わって定位置に入った。
また背番号『11』のスティービー様も下がった。
良かったぁ…これで怪我の心配をしなくていい…
代わって入ったのはダウニング。
52分。ベッカムからサイドを変えるダウニングへのクロス!
ダイナミックな攻撃だ…
すると背広に着替えたスティービーが何とも柔らかい表情をしている…
62分。ベッカムのFKからクラウチが落とし、テリーが押し込んだ!
ゴールかと思われたが、オフサイドの判定。
やはりベッカムのFKは可能性を感じる…
66分にもベッカムの折り返しにウエイン!
こぼれ球にテリー!
なかなか追加点が奪えない…
70分。ベッカムがボックス内でウエインへクロス!
ゴォ~~~~~~~~~~ル!
滞空時間の長い素晴らしいヘッドだった…
74分。呪われたようにクラウチもスパイクの裏側で蹴られたのが気になり、交代。
キャリックが入った。
82分。ランパードが真ん中から抜け出し、シュート!
ゴォ~~~ル!これで3―0!
92分。ダウニングが奪ったボール、ランパードから中のウエインへ!
ゴォ~~~~~ル!
終わりよければ全てよし!

イングランドが85000人の大観衆の前でスロバキアに快勝した!
気になるのはウエイン以外のFW全員の怪我の具合だ…

England 4-0 Slovakia

Goals; Heskey 7, Rooney 70, Lampard 82, Rooney 90.

【England】 James (Foster 46), Johnson, Upson, Terry, Ashley Cole,
Lennon (Beckham 46), Lampard, Barry, Gerrard (Downing 46),
Heskey (Carlton Cole 15), Rooney, Carlton Cole (Crouch 34),
Crouch (Carrick 74).

Subs Not Used: Green, Jagielka, Lescott, Baines.
[PR]
by jicchan1968 | 2009-03-30 22:12 | サッカー