イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー

<   2006年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧

前回のブログでは大変失礼致しました。
今後はあのような事のないよう最新の注意をはかりたいと思います。

本来なら今日は3時30分に起きてCLベスト8を観るのだが、
Reds、Chlsea、UnitedがいないCLはその時間に起きるに値しない。
ただでさえ来週末に迫った引越しの準備とやらでろくにサッカーを観る時間がない(泣)
という訳でバルサ戦でもユーヴェ戦でもなく、Chlsea vs Man Cityから。

たかが1敗でこれ程騒がれるチームも珍しい(笑)
イチローが以前、三振しただけで1面を飾ったのも凄かったが・・・(笑)
舞台は本当に素晴らしいピッチに戻ったスタンフォード・ブリッジ。
もう何試合かこの戻ったピッチを観ているが改めてバルサ戦が嘘のようだ・・・
一方のCityもこのところ調子がよくない・・・
以前のEvertonがChlseaと引き分けたように、
ここが上昇のきっかけとなればだが、ここはスタンフォード・ブリッジだ。難しい・・・

試合は一方的に攻めるChlsea。
グジョンセンが高い位置で何度も決定機を作るが、ゴールにはならない。
途中テリーのあわやというシーンがあったが大丈夫であろう。
すると30分。グジョンセンからドログバへのラストパス。
フェイントで完全にDFを置き去りにし、ゴール!
33分。CKからテリーの完璧なヘッド!何とか防いだが、そのリフレクションを押し込んだ。
ドログバがあっさりと2点目を奪った。
44分にも苦しい体勢からドログバがシュートを放ったが、
触っていなければグジョンセンがダメ押しともいえる3点目を奪っていたであろう。
ここで前半が終わったのだが、抗議をしボールを返さないDISTINに対し2枚目のイエロー。
後半ただでさえ苦しいCityが10人で戦うこととなった。
Pearceも頭が痛いであろう・・・

55分。CityもミルズのFKであわやという場面があったが、10人では・・・
58分にはJoseは2枚目のカードとしてグジョンセンに代わりクレスポをピッチにおくった。
久々に彼らしい豪快なゴールが観たいものだ。
点が取れそうで取れないJoseがイライラしそうな展開だが、78分。
ドログバとクレスポの2人がいいコンビネーションでチャンスを演出する。
後半10人の相手に対し、得点を取れなかったのは何ともいえないが、
今からFA CUP準決勝が待ちきれない。この屈強な青い王者との大一番が・・・
e0055069_837481.gif
[PR]
by jicchan1968 | 2006-03-29 08:37 | サッカー
また原稿がとんだ・・・それもMerseyside Derbyでだ・・・
スティーブンの退場と同じくらいのショックで全く書く気がしない・・・
バックアップをとっていないのが悪いのだろうが・・・
まぁ勝ててよかった。e0055069_219461.gif
[PR]
by jicchan1968 | 2006-03-26 21:20 | サッカー
私のいや私たちの願いもむなしくサッカーの神様は準決勝で
再び名勝負という組合せを演出してしまった・・・
Chelsea vs Liverpool
Anfieldであれば・・・いや絶対に勝つ!
e0055069_231870.gif

The FA Cup Semi Final
Ties to be played on Saturday 22 April and Sunday 23 April 2006
1 Chelsea vs Liverpool
2 Charlton or Middlesbrough vs West Ham United
e0055069_2304792.gif
[PR]
by jicchan1968 | 2006-03-24 23:04 | サッカー
ロンドン・スタンフォードブリッジ。
絶対王者Chelseaが迎えたのはアラン・シアラーがいるNewcastle United 。
The FA CUPベスト8では最も楽しみな顔合わせである。

試合の方は、HOMEながら遠くから駆けつけたNewcastleサポーターのブーイング
が渦巻くサイドのダフのCK。低くニアに落ちたボールに走り込んだジョン・テリー!
鋭いシュートが決まり、あっさりとChlseaが先制した。開始4分である。
Fulhamに敗れ、多少嫌なムードであっただけに開始早々のゴールは王者にとっては
自信、落ち着き、色々な面で大きなプラスになったであろう・・・
続く7分のCK、その直後のクロスを観る限り、今日はダフがかなりあたっていそうだ。
前半、久々のラッシュが観られるかもしれない・・・
22分。いい攻めを見せるNewcastleもゴール前のFK。
ソラーノの蹴ったボールはわずかにゴール右に外れた。
41分。左からのサイドチェンジで最後はアメオビ!いい攻撃だ。
その直後43分。デル・オルノがスペイン人らしい芝居でFKを貰う。
パーカーが「ふざけるな!触ってねぇーよ!」と怒っている。無理もない(苦笑)
ランパードの蹴ったボールは走り込んだカルバーリョへ。危うく2点目であった。
結局このまま前半が終了。1-0で折り返しとなった。

47分。ChlseaはCKからチャンスを迎え、最後はデル・オルノ!フリーだが外した・・・
さっきのこ芝居の天罰だろう(笑)
50分。ジョー・コールが巧みなドリブルで仕掛けチャンスを迎える。
後半序盤の流れは完全にChlseaだ。
60分。右サイドからのFK。ランパードのボールにあわせたのはニアにいたドログバ!
何度撃っても入らない・・・
63分。カウンターからのグジョンセンのボールもジョー・コールには合わない・・・決定的だ。
77分。Joseの最後のカードをきってきた・・・グジョンセン、ジョー・コールOUT。
代わってクレスポとエッシェンが入った。実に豪華なカード交換だ(笑)
85分。一気のカウンターから最後はショーン・ライト・フイリップス!
気持ちが入り過ぎたか、ボールは大きく枠を外れた。
89分。ショーン・ライトを止めたエリオットが2枚目のイエローだ退場となった。
苦しい・・・万事休すか・・・
結局このままタイムアップ。Chlseaにとっては決して楽な試合ではなかったが、
無事、準決勝へ駒を進めた。
是非、決勝の舞台でまた"赤"と"青"の名勝負が観たい。
e0055069_21374852.gif
[PR]
by jicchan1968 | 2006-03-24 22:25 | サッカー
セントアンドリュース。
残された事実上最後のタイトルを目指した戦いがはじまる・・・The FA CUP 。
このところ良くなって来た流れをここでも誇示して欲しいところだ。
今シーズン怪我人に泣かされたBirmingham。
正直、今日もそしてリーグ戦も残留をかけて苦しい戦いとなるだろう・・・

Redsのスタメンは、右にフィナンが戻り、左にはトラオレ。
センターはいつものコンビ、キャラガー&ヒューピアに戻った。
中盤は久々のシソコとリーセ、シャビ・アロンソ、ルイス・ガルシア。
そしてトップ下というか自由なポジションにスティーブン・ジェラード。
ワントップにクラウチという布陣。

試合は開始早々に動いた。
まだ54秒。左サイドからのFK。
スティーブンの蹴ったボールをトラオレがそらし、ヒューピアがどフリーで頭で押し込んだ。
Luckはあったが楽な展開になった。
以前にも書かせて頂いたが、立ち上がり15分の間に点を取る事で
一気にゲームプランがいい形で実行出来る。
続く4分。右からのスティーブンのクロスに今度はクラウチが押し込んだ。
不思議なものであれだけ点が取れなかったチームがうまく噛み合うといとも簡単に・・・
フィナンの好スライディングの場面もあったが、磐石のゲームを進めているReds。
20分にトラオレがアクシデントでキューエルと代わったくらいだ。
すると38分。ルイス・ガルシアが溜めたボールに走り込んだクラウチ!
嬉しそうなアンガールズ。ジャンガジャンガならぬガッツポーズだ・・・
このまま前半が終了。0-3。
前半終了のホイッスルの瞬間のブーイングが全てを物語っている。

後半に入り56分。クラウチに代わってモリエンテスが入った。
今一番酷いFWがこのプレッシャーのない場面で1、2点は取って欲しいものだ・・・
すると59分。ルイス・ガルシアが完璧なスルー。
走り込んだジェラードに渡り、センターにいたモリエンテスが押し込んだ。
もうスティーブンを休ませてもいいだろう(笑)
思わず「うわぁ~」と叫んで手を叩いてしまった。70分。リーセが左足を振り抜いた。
バーミンガムサポーターも思わず拍手してしまう程のBeatiful goalだ。
その直後ようやくスティーブンがお役御免となったが、
代わって入った男の目は燃えているだろう・・・ジブリル・シセ。
目の前でクラウチが2点、モリエンテスも決めた。俺も・・・
前節流れの中ではなく、彼が決めたのはPK。今日こそはと・・・
流れというのは本当に怖いものだ。
77分。キューエルのクロスにテビリーのOWN GOAL。
89分。トニーさん同様、私の今日の最後の望みであったシセにゴールが生まれた。
これまたGKの脇をすり抜けたLuckであったのは間違いないのだが・・・
あれだけ点の取れなかったチームが0-7。
気持ちがいいのは当然だがバーミンガムサポーターの気持ちを考えると複雑だ。
FulhamもあのChlseaを破ったし、ますます残留も厳しい状況になってしまうのか。
今日この寒い中最後まで帰らずに本当に寒い試合を観続けたサポーターの為にも
頑張って欲しいところだが・・・e0055069_912681.gif
[PR]
by jicchan1968 | 2006-03-22 09:12 | サッカー
シティ・オブ・マンチェスター。
シティは今一つ元気がない印象ではあるが対するウエストハムは昇格組では
ウィガンと共にとても元気な印象がある。
残念ながらウエストハムのスタメンにアントンの名前がなかった。
シェリンガムも是非観たいのだが・・・

試合の方はHOMEのシティがやはり主導権を握った。
ムサンバ、ブラッドリー・ライト・フィリップスなど果敢にゴール前に攻め上がった。
しかし皮肉な事に先制点をモノにしたのはAWAYのウエスト・ハム。
41分。アシュトンが右足で上手く切り返し、左足をニアサイドに振り抜いた。
素晴らしく気持ちのいいゴールであった。
前半はこのワンチャンスしかなかったといっていいが前半を0-1で折り返した。

後半に入り、56分。ソン・チーハイが一発レッドで退場となった。
確かにエザリントンとの小競り合いはあったものの、
再びこの試合でも疑問が残る判定となった。
報復もしくはスポーツマンらしくないプレーととったのだろうが、
1点を追うHOMEのシティにとっては何とも痛過ぎる退場である。
69分。ウエストハムに追加点が生まれた。またアシュトンだ。
これでシティは崖っぷちに追い込まれた。10人で果たして・・・
しかし85分。ようやくシティ・オブ・マンチェスターが盛り上がった。
左からのクロスをムサンバがダイレクト・ボレー!Beatiful goalだ。
左足を振り抜いたボールはアウト回転でゴールネットに突き刺さった。
しかし人数だけでなく、時間がなかった。
ロスタイムも4分あったが結局このままホイッスル。
やはり、好調ウエスト・ハムが見事AWAYで準決勝1番乗りとなった。
いよいよ明日はReds。AWAYだが少し良くなって来た流れを活かし、快勝といきたい(笑)e0055069_18195980.gif
[PR]
by jicchan1968 | 2006-03-21 18:20 | サッカー
前節は結局ハイライトも観れなかったがルーニーが素晴らしいゴールを決めて
快勝したようだ。
馬面が出なくなってサア・ルーニーのコンビにロナウド・パクが両サイドからえぐり、
ライアンが中に入って流れがよくなったユナイテッド。
対するウエストブロムは相変わらずさまよっているロブソンだ。
名選手は名監督にあらず・・・などと言われているが今日も王監督は頑張っているだろう(笑)
果たして・・・

試合が動いたのは16分。
ライアンのCKにサアのヘッド!巧みな動きでフリーであった。羨ましい~・・・(笑)
クラウチは勿論、モリエンテスなどはもうこんなゴールを忘れているであろう・・・
WBAも22分。チャンスを迎えるもフィニッシュまでいけない。
36分。カマラのFK。素晴らしいキックであったがファンデルサールのgood save。
今季のユナイテッドは本当に彼に助けられている。
その直後にもデイビスの強烈なヘッドもgood saveで防いだ。
40分。ユナイテッドも走り込んだライアンがシュート!いい展開だ。
アラン・スミスにもこういう働きがあれば序盤でつまづく事はなかったであろう。
44分。ゴール前の混戦から稲がシュート!枠を外したが調子はまずまずだろうか・・・
結局前半を終わって0-1。

後半に入り、ルーニーやロナウドもいいシュートを放つがWBAペースで続く。
しかし59分。カマラにアクシデント。いい流れに水をさす形となってしまいそうだ。
63分。ルーニーが得意の体勢でのシュート!DF見事なカバーで救った。
その直後の64分。サアがいい形から2点目を奪った。
実力では馬面だろうがサアの方が周りとの連動性が感じられる。
78分。CKに奇しくもカマラに代わったエリントンが決めた。1-2。
88分。この試合というかここ最近のユナイテッドの中で最高の展開を魅せてくれた。
結局得点こそ奪えなかったが全盛期を彷彿させるパスワークであった。
試合はこのまま1-2で終了。Redsとの2位争いに貴重な勝ち点「3」を加えた。
今日は朝から溜まってたサッカー一色だけど
これからまたFA CUP「Manchester City vs West Ham United」を観ようっと!e0055069_1546332.gif
[PR]
by jicchan1968 | 2006-03-21 15:47 | サッカー
セント・ジェームズ・パーク。
ユナイテッドには敗れたもののシアラーが復帰し、復調の感がある。
オーウェンがいないが寂しい限りだがエムレ、パーカー、エンゼコビアなど好調だ。
一方Anfieldで吹っ切れてここも完勝となるのか・・・
Redsのスタメンはヒューピアが戻り、アッガーかキャラガーのどちらかが右。
左は前節ゴールを決めたウォーノック。中盤は右クロンカンプ、左キューエル。
底にハマンでスティーブン・ジェラード。トップはシセとクラウチ。

試合の方は5分。FKから左のウォーノックからのクロスにクラウチ。
確かにデカイのだが・・・
試合が動いたのは10分。スタメンに起用されたクロンカンプからのクロスにクラウチ!
ようやく彼らしいヘッドで決めてくれた。相変わらず力強さはないが高い。
Rafaにとっていやどのチームの監督であっても0-15分と45-60分に
得点が取れればゲームプランは組み立てやすい。
野球でいう先発投手の立ち上がりを一気につくというものだ。
34分。思わず立ち上がって声が出た。そして拍手を贈った・・・スティーブン・ジェラード。
シセのクロスにジェラードが柔らかく落としクラウチが戻したところにズドン!
何とも気持ちいいゴールである。
しかしスティーブンのゴールはどうしていつも気持ちがいいのだろう(笑)
最近はシセ⇔スティーブンのホットラインが決まっている。
しかし41分。アメオビにやられた。1-2。パーカーのまるで伸二のようなエンジェルパス。
2点差をつけた後で1点を返されるのは本当に嫌なものだ。

49分。カウンターからシセがフィニッシュへ。彼の良さは貪欲にゴールに向かう姿勢だ。
51分。ブームソンがやってしまった・・・クラウチを倒し、PK。しかもレッドカード・・・
レッドはないだろう・・・まぁ決定機といえばだが一発レッドは・・・
PKキッカーはシセ。
一抹の不安があったが左隅に冷静に決めたがその後が冷静ではなかった・・・
ニューキャッスルのサポーターが納得のいかないジャッジを含め、
異常なテンションに包まれる。
その後シセににブーイングを浴びせるサポーターをシセが挑発する。悪循環だ・・・
ハマンまでもが熱くなり、異様な雰囲気となってしまった。
主審のホイッスル一つがどれ程、重要かがわかる。
65分。シセが強引にシュートまで行くが完全にキューエルはどフリーであった・・・
ゴールへ貪欲に向かい過ぎて周りが見えないのも彼の特徴だ。Rafaも頭が痛いだろう・・・
69分。ジェラードからルイス・ガルシアへ。もうちょっと勝負してもらいたかったが・・・
74分。スティーブンがお役御免となりシャビ・アロンソへ。
いよいよFA CUPベスト8は明朝だ。少しでも休んで欲しいところだ。
78分。相手のスローインもかっさらい戻したところにシャビ・アロンソ!
続くシャビ・アロンソのCKにファーにいたクロンカンプの抑えのきいたボレー!
いずれもGKギブンのgood saveに阻まれた。
結局このままホイッスル。1-3。
さぁ~残されたタイトル獲得へセントアンドリュースへいざ出陣!!e0055069_1415538.gif
[PR]
by jicchan1968 | 2006-03-21 14:16 | サッカー
ご無沙汰しております。
いやぁ~私事ですが来月引越しを考えておりまして、
ようやく新居が見つかり落ち着いてブログを書く事が出来ました・・・
試合は観ていたのですがそれでもReds戦がやっという状態でした・・・
マンUvsニューキャッスルも観たかったんだけど・・・(泣)

という訳でいつの話と言われるかもしれませんが、まずはFulham戦。
2月の地獄の日程で選手はヘトヘト・・・そこへきてCL敗退後、ハイバリーでもやられた・・・
Anfieldに戻って来たReds。相手はFulham。勿論Wなどあってはならない・・・
今日のスタメンはアンリに置き去りにされたヒューピアはベンチ。
代わってRafa期待のアッガーがキャラガーとコンビを組む。
右はフィナンで左はトラ・・・え~中盤は底にハマン、ルイス・ガルシア、キューエル、
スティーブン・ジェラードが多少ポジションチェンジを繰り返す流動的な布陣。
2トップはモリエンテスとファウラー。

試合の方は開始48秒。ルイス・ガルシアが果敢に飛び込んだ。
彼には得点の匂いがする・・・
10分。モリエンテスが絶好のパスを貰うも決められない・・・
あの大好きだったレアルの頃の面影は全くない。
まだデカイ分だけアンガールズの方がマシのような気がする・・・
16分。キューエルのCKにルイス・ガルシアがヘッドでそらしたボールにファウラー!
復帰後初ゴールとなった。
22分。ファウラーからのパスにモリエンテスも枠にはいかない。
25分。ボア・モルテからの最高のパスでやられた・・・トラオレがいない・・・
信じられないよ!でもそれがトラオレだよ・・・
35分。ゴール前Redsらしいつなぎからキューエルのクロスに決めてくれた。相手が・・・
決められないモリエンテスに代わってである。ブラウンも仕方なかったであろう・・・

後半に入り、50分。ルイス・ガルシアがいかにも彼らしいシュートがわずかにポスト!
71分。ようやく得点が生まれた。右に開いたジェラードのクロスにシセ!
GKがこぼしたところにモリエンテス!いわゆるごっつぁんだが彼には嬉しいだろう。
点を取るのが仕事なのに全く点が取れていないのだから・・・
89分。右に開いたシセからの大きなクロスに走り込んだジェラード!気持ちいい・・・
3点目はジェラード→シセ。4点目はシセ→ジェラードのどんぴしゃである。
ロスタイム。ボアモルチのミスをついたフィナンがシュート!
はじしたところにウォーノック!取れる時はこんなものだ・・・
CLの予備予選からはじまった最も過酷なシーズン。
12月には日本遠征もあり、2月は殺人的な日程をこなし休む暇が全くない。
Rafaにとってそして何よりも選手たちの一番の栄養剤が
今日の大量ゴールであったであろう・・・e0055069_1218468.gif
[PR]
by jicchan1968 | 2006-03-21 12:19 | サッカー
不思議なものだ・・・
昨シーズンのチャンピオンズリーグ、
ブレミアで最も成績の悪かったLiverpoolが決勝まで進出し優勝した。
そして今シーズン最もプレミアで成績の悪いArsenalがプレミア勢で唯一
ベスト8へと駒を進めた・・・
アンリとスティーブンの笑顔でのコイントスとハイバリーのピッチの素晴らしさが
とても印象的である。
Redsのスタメンは右フィナン、センターにヒューピアが戻り、左にウォーノック、
中盤の底にハマンとシャビ・アロンソ、右にクロンカンプ、左にルイス・ガルシア、
トップ下にスティーブン・ジェラード、トップにアンガールズという布陣か・・・
中盤はかなり流動的な形になりそうだ。
8分。右サイドをまさしく縦横無尽にアンリが駆け抜けラストパス。決定的だ・・・
ヒューピアとのかけっこでは到底、彼を止められしない・・・
立ち上がりはハイバリーという事もあるだろうがArsenalに余裕が感じられる展開だ。
15分。ようやく左のウォーノックからのクロスでチャンスを迎えた。
21分。余裕のあったArsenalがあっさりと先制した。勿論アンリである・・・
セスクからの絶妙のスルーパスにキャラガーのスライディングも及ばずにあっさりと・・・
彼のプレミアでの特にここハイバリーでの決定力は本当に大したものである。
30分。フィナンからのクロスにアンガールズのヘッドはあさっての方向へ・・・
彼からはもはや得点の気配すら全くない。
33分。アンリから決定的なチャンスが生まれたが何とか助かった。
35分。中盤のルーズボールからシャビのアウトにかけたボレー!
よっぽどゴールの匂いがする。
39分。ウォーノックがスティーブンとの1・2にミスしたトゥレが飛び込んだ。
危険なタックルをしかけたトゥレが自業自得のように膝を痛めた。
頭が痛いのは監督であろう・・・
ただでさえディフェンスラインが酷いのに一応下手でも頑張っている選手が怪我では・・・
しかしプレーを続けそうだ・・・その根性だけは大したものだ。
44分。スティーブンがインサイドでのシュート!強烈だが枠をわずかに外した。
前半はArsenalの余裕の展開で1-0。

後半、Rafaはクロンカンプに代えキューエルを入れてきた。果たして・・・
49分。流れるような全盛時の攻めで最後はアンリ!ボール1つか2つ外れた・・・
その後もアンリの決定的な場面などほぼ一方的な展開。
相変わらず60分を過ぎても得点の匂いが全くない・・・困ったものだ・・・
62分。ハマンがペナルティボックス内でタックル!幸いPKにはならなかった・・・
73分。膠着状態のRedsにRafaはハマンに代えロビー・ファウラーを入れてきた。
75分。ゴール前ミドルレンジからのスティーブンの豪快なシュート。
レーマンが弾いてくれてルイス・ガルシアが押し込んだ。
思わず久々にデカイ声で「よぉ~~~~~~~し!」と叫んでしまった(笑)
80分。キューエルからのクロスにルイス・ガルシアのボレー!惜しくもレーマンの正面。
流れが一気に変わって来た。
81分。いい流れではあったがシャビ・アロンソがパスミスし、
自分で取りに行こうとスライディング、レイトチャージをとられ2枚目のイエロー。
スライディングにいった瞬間、「あちゃあ~・・・」と漏らした・・・
83分。ステイーブンがまさかのプレゼントパス。アンリが決めた。
バックパスした瞬間、頭を抱えていたが時既に遅かった。
88分。アンリが抜け出し、ピレスへプレゼントパスも決められない・・・いやぁ~・・・
89分。ルイス・ガルシアが後ろからのチャージでアンリを倒した。
一発レッドと思ったがイエロー。アンリが首を振っていたが私もレッドだと思った。
その直後のアンリのFK。絶妙のコースにいったがレイナのgood save!
やっぱり今日のハイバリーも『This is "HENRY’s Show" 』であった。
最も負けたくない相手ではあるが今日のパフォーマンスであれば負けて当然。
悲しいかな悔しさもあまりない・・・
このままだと2位争いどころかスパーズやウィガン、さらにはこのチームにもまくられ、
4位以内の確保にも黄信号という感じだ・・・頼むよ、Rafa!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
水曜のフラム戦も心配になってきた・・・
明日はまっすぐ帰れば「Manchester United vs Newcastle United」を観ようっと!
e0055069_23545963.gif
[PR]
by jicchan1968 | 2006-03-13 23:55 | サッカー