イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2007年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

e0055069_23325998.jpg

City of Manchester。
いきなりのDerby。しかもウエイン、ロナウド抜きだ・・・
この緊急事態に苦肉にもオーウェン・ハーグリーブスのデビュー戦
となってしまった。
いいスタートをきったというシティ。
エリクソンがクラブゲームのベンチにいるというのも新鮮だ。

5分。ゴール前、1対1の決定的な場面もナニが決められない。
17分。またしてもゴール前のチャンスにナニ!抑えの効いたいいシュートだ。
24分。左サイドナニのヒールパスにエブラ!惜しくもヒットしなかった。
シティにとっては一歩間違えればPKという場面であった。
31分。ここまでチャンスのなかったシティ。
ジオバンニの放ったシュートがビディッチにかすりゴールネットへ・・・
ゴォ~~~~~ル!HOME・シティが先制した。
ナニとシティの特に守備に関しての集中力が目立っていた前半であった。

後半に入り48分。ライアンのCKにビディッチ!
どんぴしゃであったがクロスバーを叩いた。
60分。追いつけないユナイテッドは目立っていたナニがOUT。
ナニもいい場面もあったがロナウドが来た当時、独特のリズムに周りが
合わせられなった事を思い出す・・・
61分。左ライアンからニアのクロスにテベス!ヒットしなかった。
76分。ようやくテベスもいいシュートを放つが枠にいかない・・・
キャプテン・ライアンが頑張っているが、不快な表情だ。
90分。CKが流れたところにテベス!
決定的な場面も決められない。万事休すか・・・
ブーイングの後、長いホイッスルと共に大歓声に包まれた。

HOMEでDerbyを制したシティ。
スタジアムに歓喜の声がこだまする・・・
昨シーズンのロケットスタートと好対照のスタート。
次節、Old Traffordで迎える相手は難敵・スパーズだ。
苦しい台所に指揮官は苦虫を噛み潰すようにガムを噛み続ける事だろう・・・

Manchester City 1-0 Manchester Utd

Goals;Geovanni 31
e0055069_233542.jpg

[PR]
by jicchan1968 | 2007-08-22 23:36 | サッカー
e0055069_23594163.jpg

Anfield。
いきなりの大一番だ。
今シーズン最も大事な試合の一つと言っても過言ではない。
聖地・Anfieldで迎える”赤”と”青”の名勝負。
”絶対に負けられない”いやお互い”絶対に負けたくない”という一戦だ。

RedsのスタメンはGKレイナ。
DFは右からフィナン、キャラガー、アッガー、アルベロア。
中盤の底にシャビ・アロンソ、右ペナント、左リーセ。
ど真ん中にキャプテン、スティーブン・ジェラード。
2トップは前節温存したカイトと期待のフェルナンド・トーレス。
ベナユンはサブにも入らなかった。

一方のChelsea。
GKチェフ。DFは右からショーン・ライト、ベンハイム、ジョン・テリー、
アシュリー・コール。
中盤はエッシェン、ランパードが中、右カルー、左マルーダ。
2トップはミケルとドログバという発表だが、
エッシェンの右SBやミケルのCMF、カルーのFWなど考えられる。
観てみないとわからない。
苦しい台所事情だが、Joseにとってエッシェンが間に合ったのは本当に大きい。

2分。ペナントからのクロスにエッシェンの裏にいたリーセ!
わずかにトラップが長かった。
16分。スティービーから右アウトでの絶好のスルーパス!
フェルナンド・トーレスがベンハイムを上手くかわし、シュート!
ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ル!
ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ル!
ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ル!
ゴォ~~~~~~~~~~~~~ル!ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~~~ル!
ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ル!
久々にゴールが決まる瞬間、「きたぁ~~~~~~~~~~~~~~~~~~!」
と叫んでしまった(笑)
本当に本当に素晴らしいゴールであった。
KOPの誰もが「やっぱりコイツはモノが違う!」と言わしめる一発だ。
22分。ゴール前でシャビ・アロンソがマルーダに挨拶代わりの厳しいチェック。
イエローが出ない事におそらくはJoseは怒っているであろう・・・
27分。自陣ゴール前での大ピンチも最後はスティービーがクリア!
今日のスティービーはキレキレでさすがにコンディションもいい。
40分。左サイドからのFKにテリーが合わせる!
何とか事なきを得たが、やっぱりセットプレーは怖い。
スティービーのスライディングに怒ったミケルがフェルナンドへ報復したところで
長いホイッスルとなった。

やはりJoseが動いた。カルーOUT、ピサーロを投入した。
49分。フリーのショーン・ライトからそのピサーロへ!わずかに枠を外れた・・・
61分。事件は起きた。マルーダを倒してPKの判定。
マルーダは元々スルーするつもりだったのに、倒したという判定だ。
全く納得がいかない・・・クレージーな裁定だ。
ランパードが決めて同点。
68分。スティービー→ペナント→リーセ!惜しい場面であった。
その直後Rafaが動いた。ペナントに代わりバベルが入った。
77分。ショーン・ライトに代わりジョー・コールが入った。
83分。リーセが惜しい場面を外したところでクラウチと交代。
85分。フィナンのクロスにカイトのヘッド!惜しくもバーの上。
すると86分。マルーダに代わりこれまた新戦力アレックスを投入。
89分。シャビ・アロンソからバベル!惜しくもサイドネット・・・
しかし鋭い振りであった。
全く納得のいかないPKであったがこのまま長いホイッスル。
”赤”と”青”の名勝負数え歌は痛み分けに終わった。
しかし躍動感あふれるスティービーは本当に今シーズンを期待させるものであり、
後半多少消えたとはいえあのワンチャンスをモノにしたフェルナンド・トーレスも
今後の活躍が大いに期待出来る。
黒子となり前後左右に動いていたカイトにもいずれ神様からのご褒美があるだろう。
納得がいかない勝ち点「1」だがこれもフットボール。
でもなぁ~・・・何なんだろう? この人↓
e0055069_2359115.jpg

Liverpool 1-1 Chelsea

Goals;Torres 16 Lampard(pen) 62
[PR]
by jicchan1968 | 2007-08-21 00:01 | サッカー
e0055069_2191248.jpg

White Hart Lane。
スパーズもBIG4に続くチームといわれ、
今季こそその一角を崩したいところであろう・・・
まぁアンリ様が抜けたロンドンのださいチームは墜落するであろうが・・・

開始早々のFK。ジーナスが狙うと見せかけてマルブランクへ流した。
振り抜いた右足!ゴォ~~~~~~~~~~~~ル!
あっさりとHOMEでスパーズが先制した。
続く6分にも右から切り崩し、最後はマルブランク!ゴォ~~~~~ル!
さらに14分。ハーフウェイラインでボールを奪ったジーナスがドリブル、
ゴール前落ち着いて流し込んだ!ゴォ~~~ル!3-0。
完全なワンサイドゲームだ。
その後もジーナス、キーン、ベントと決定的な場面は全てスパーズ。
3-0のスコア以上の大差で折り返した。

後半に入って何とかゴールをとダレン・ベントが走り回る。
そんな願いが通じてか79分。ルーズボールからヘッドで押し込んだ!
ゴォ~~~ル!ダレン・ベント待望のゴールだ。
全くいいところのなかったダービー。
一方、立ちあがりを一気に攻め立てたスパーズ。
今シーズンはスパーズのゲームを多く放送してくれる事を願う。

Tottenham Hotspur vs Derby County

Goals;Malbranque 2,6 Jenas 14 Bent 80
e0055069_2192731.jpg

[PR]
by jicchan1968 | 2007-08-19 21:11 | サッカー
e0055069_10142330.jpg

Madejski Stadium。
昨シーズン、Joseの補強とは思えない陣容で挑まざるをえなかった。
結果、悲願のビックイヤー制覇どころかプレミアのタイトルも手放してしまった。
一方のReadingはコッペルの采配が光り、台風の目とさえいわれた。
そして故意ではなかった筈だがハントとGKチェフとの交錯があった。
そんな因縁が渦巻く今日の一戦。果たして・・・

前半はReadingの攻勢が目立った。
Chelseaは右サイドに入ったショーン・ライトからのクロスが目立つ程度。
試合が動いたのは29分。GKチェフがDFとかぶり、パンチングが空振り。
無人のゴールに代わったばかりのビケイが押し込んだ!ゴォ~~~~ル!
そんなChelseaに追い討ちをかけるかのようなアクシデント!
カルバーリョが怪我でOUT。テリー不在での交代は痛過ぎる・・・
33分、34分にも怒涛の攻めで決定的なチャンスを作り出すReading。
ここで決めていれば・・・
結局いいところがなかったChelsea。
1-0での折り返しとなった。

後半、やはりJoseが動いた。一気に最後の2枚のカードを斬ってきた。
シドウェルに代えミケル、パウロ・フェレイラに代えピサーロ。
やはりJoseは凄い!
47分。ドログバのバックヘッドに走り込んだランパードが上手くトラップ。
倒れこみながらシュート!ゴォ~~~~~~~~~~~~ル!
後半開始早々に同点に追いついた。
すると50分。ミケルが粘って落としたところにドログバ!
ゴォ~~~~~~~~~~~~ル!見事なまでの逆転ゴール!
喜ぶイレブンとは対照的にベンチのJoseに微笑みはない。
「やれるんなら前半からそうやれよ!」とでもJoseの呟きが聞こえてくる。
63分。ようやくReadingも反撃をみせるがゴールは奪えない。
72分。ピサーロが倒れた。シセが2枚目のイエローで退場!
ますますReadingは苦しくなった。
79分。オスターに代わりソル・ギヒョンが入った。
しかし1点リードした時のChelseaのボール回しは世界一と言っても
過言ではないだろう。
ロスタイムReading最後の猛攻を凌ぎ、タイムアップ。
結果的には難なく連勝スタートとなったChelsea。

それにしても前半と後半とで全くの別チームだ。
ハーフタイムでJoseがどんな渇をいれたかは定かではないが、
相当の叱咤があった事であろう・・・
テリー、カルバーリョ、エッシェン、マケレレ抜きでこのゲーム。
コッペルとしては何とも悔しいゲームであり、
またしてもJoseの采配が光る一戦となってしまった・・・

Reading 1-2 Chelsea

Goals;Bikey 30 Lampard 47 Drogba 50
[PR]
by jicchan1968 | 2007-08-19 10:17 | サッカー
e0055069_12554323.jpg

Fratton Park。
ヤキモキとした07/08シーズンのプレミア開幕・・・
何とか無事日本でも観られる事が出来た。
しかし、私の開幕となるこのゲームにあの男がいない・・・
ウエイン・ルーニーだ。
7月17日。埼玉スタジアムに足を運んだ私はベストの布陣のUnitedを
そしてウエインを生で観る事が出来た。(コンディションは別として)
しかしリーグ開幕戦での故障。しかも骨折・・・
ウエインの事だがら予定よりも早く復帰するであろうが、大事をとってもらいたい。
ウエインという絶対的な不在を埋めたのは新戦力・テベスだ。
15分。リオ→ロナウドと渡り、テベス→ナニへと開き、クロスにテベスが落とし、
走り込んだスコールズ!ゴォ~~~~~~~~ル!
新戦力・ナニ&テベスがとてもいい仕事をした。
まさしくユナイテッドらしい流れのある攻撃とスコールズのフィニッシュ。
”苦手”ともいわれたFratton Parkで先制点を奪った。
そのご36分。ロナウドのシュート!
こぼれ球にテベスが詰め寄るも得点には至らない。
まだ開幕したばかりだがポーツマスはセットプレーのチャンスを全く
活かせていない前半であった。

後半、HOMEで負けられないポーツマスは2枚のカードを斬ってきた。
53分。ゴール前、スコールズ→テベスとお返しのチャンスも決められない。
すると直後に後半から入ったテイラーが左に流れ、クロスにベンジャニ!
ゴォ~~~~~~~~ル!
ベンジャニのどんぴしゃヘッドが決まり、
Fratton Parkのボルテージが一気に上がった。
一気に逆転を狙うポーツマスだが64分。パマロが怪我でOUT。
貴重な最後のカードを使わざるをえなくなってしまった・・・
68分。ロナウドのクロスにライアン!惜しくもゴールならず・・・
続くCKでも絶好のチャンスを活かせなかったユナイテッド。
73分。ロナウドのシュート!こぼれ球に再びテベスが詰めるがダメ。
76分。ポーツマスもカウンターからの絶好のチャンスを活かせない。
アレックスは動けないのか動かないのか・・・時間だけが刻々と過ぎていく。
82分。ようやく動いた。キャプテン・ライアンに代わり、オシェイが入った。
83分。バックパスを回していたキャリックにムンタリが引っ掛けてしまった。
2枚目のイエローで退場となってしまった・・・残り約10分。
ユナイテッドのCK。途中でのホイッスル。ロナウドにレッドカード!
小競り合いからであろうがせっかくの数的優位に水を注してしまった・・・
88分。ブラウンに代わりイーグルス。テベスもここで決めれば英雄だが・・・
結局このままタイムアップ。

私にとっては有難い引き分けだが、王者としては痛い2引き分けのスタート。
開幕戦のウエインの故障に続き、このゲームではロナウドの退場・・・
そして次節Manchester Derbyはウエイン&ロナウド抜きで
戦う事になった王者・ユナイテッド。
指揮官はいつも以上にガムを長く噛み続けることだろう・・・

Portsmouth 1-1 Manchester Utd

Goals: Scholes 15 Mwaruwari 53
e0055069_12544726.jpg

[PR]
by jicchan1968 | 2007-08-18 12:56 | サッカー
e0055069_2263416.jpg

長いお休みであった。
しかしまた長いシーズンが始まった・・・
まずはUEFA ChampionsLeague。
昨シーズンはFinalまで進むことが出来た。
今シーズン勿論、Finalまで進んでもらいたいところでもあるが、
正直、「今シーズンはプレミアの優勝争いに最後まで加わってもらいたい」
というのが私の感想だ。
だからといってCL、FA Cupがどうでもいいという訳ではないが、
どれか一つという意味でも、また、年末日本に来なくていいのだからこそ
今シーズンのプレミアの優勝争いは必至と思っている。

プレミアの放映権の問題でどうなるのかとヤキモキしたが、
何とかしてくれるだろうスカパーさんならと思っていたらやっぱり何とかなった(笑)
というよりJ-Sports様が救ってくれた訳だが・・・
(本当にありがとう!J-Sports様)
でも今季観戦初戦はUEFA ChampionsLeague。

髭を蓄えたRafa率いる新生Redsのこの日のスタメンは、GKレイナ。
DF右からお馴染みフィナンに、ヒューピア、キャラガー、アルベロア。
中盤の底にマスチェラーノ、右が新戦力ハマーズから移ったベナユン。
ハマーズ時代からベナユンは私の大好きな選手の1人であるので大いに期待している。
左も新戦力バベル。
そして真ん中にキャプテン、我らのスティービーことスティーブン・ジェラード。
2トップはクラウチに新戦力ボローニン。
昔から大好きであったフェルナンド・トーレスも観たかったが、
大事なChelsea戦で観られるであろう・・・

放送は何と回線トラブルで前半34分からのスタート。
0-0であったのでまずは良かったが、43分。
クラウチが落としたボールに前を向いたボローニン!
ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ル!
撃ったボローニンも移籍初ゴールとの事だそうだが、
私も今シーズン観たRedsの初ゴールだ。
前半は0-1で折り返した。

後半に入り52分。右サイド、ヒューピアの緩いディフェンスでピンチを迎えたが、
何とか事なきを得た。
59分。ベナユンに代わりリーセが入った。
すると61分。クラウチ→スティービー、ダイレクトで右のバベルへ。
戻したボールにスティービー!惜しくも左足であった。
65分。お役御免とばかりにスティービーOUT。
代わってシソコが入った。
欲を言えば0-2になって交代したかったところだ。
67分。相手のショートCK。最後はミスキックであったが危ない場面であった。
78分。膠着状態が続く試合に期待の新星がいよいよ登場だ。
ボローニンに代わってフェルナンド・トーレス。
頼む!魅せてくれ!
89分。チャンスにフェルナンドは横パスをしてしまった・・・
どフリーでシソコなりバベルなりいれば別だが、撃って欲しかった・・・
おそらくドログバであればランパードがどフリーで猛然と上って来ていなければ、
九分九厘撃っていただろう・・・
1試合それも数分でどうこう言いたくないが、フェルナンドにはゴール前で
今後気を使っては欲しくない。
結局このままタイムアップ。
0-1でAWAYでの勝利となったが、次節では前半であっさり決めてもらいたい。


Toulouse 0-1 Liverpool

Goals: Voronin 43.
e0055069_2274555.jpg

[PR]
by jicchan1968 | 2007-08-16 22:10 | サッカー