イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2008年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

e0055069_10391088.jpg

Old Trafford。
CLは楽勝だったが、Riversideでは文字通り痛み分けだったUnited。
今日の勝利でプレミア制覇にまた一歩近付くであろう…
13分。完全に崩されたが、リオが救った!
35分。中央からアデバヨール!決定的な場面!
直後の36分。ウエインが抜け出すもダメ…
結局前半はスコアレスで折り返しとなった。

後半先制されたが、直後の54分。
新入りキャプテンの愚かなプレーでPK!
蹴り直しがあったもののロナウドが難なく決め、同点!
腐ったチームだが、66分。
代わって入ったウォルコットのプレーはいい!
さすがイングランド人!
ガナーズもこういったイングランド人選手をせめて2~3人は使って欲しい…
というより使うべきだ!
だからといって今更好きになる事はないだろうが…(笑)
話はそれたが、72分。
オーウェンのFK!逆転!
見事という他ない素晴らしいゴールであった…
結局このまま終了!
Unitedには大きな勝ち点『3』となった!

超過密スケジュールのプレミア勢にとって、
怪我人の少なさもさる事ながら、
選手層の厚みでは悔しいかなやはりUnitedが抜けている…
勿論Chelseaも厚いが、機能しているという点では断然Unitedだ…
ここにきて、オーウェン、パク・チソン、テベス、アンデルソンの活躍(フィット感)
とキャリック、ロナウド、ウエイン、スコールズとは殆ど遜色ない…
以前にもふれたが、リオのバックアッパーはさすがにいないので、
唯一の不安はそこだけだろう…
ようやく一週間程ゲームは開くが、
その後はバルサ、Chelsea、バルサという日程が続く…
お金と時間に余裕があれば是非現地で生観戦したい方も多いだろう…
私がその状況ならもう一つの『赤』と『青』の戦いが
最優先である事は間違いないのだが…(笑)

Manchester Utd 2-1 Arsenal

Goals;Adebayor 48 Ronaldo(pen) 54 Hargreaves 72
[PR]
by jicchan1968 | 2008-04-19 10:43 | サッカー
e0055069_10322624.jpg

Anfield。
スケベなフランス人がまだPKの判定で文句を言っているようだが、
どこまでしつこく往生際が悪いのだろうか…
そんなに不服なら出来もしないだろうが、自分が笛を吹けばいいのに…

今日の相手は難敵Roversだが、相性は悪くない…
問題は怪我をおわされるかどうかであろう…
スタメンはGKレイナ。
DF右からアルベロア、キャラガー、シュクリュテル、ファビオ・アウレリオ。
中盤の底にシャビ・アロンソとルーカス。
右カイト、左バベルでど真ん中にキャプテン、スティーブン・ジェラード。
1トップにトーレスといういつもの4―2―3―1に戻してきた。

試合は当然だが動きが重い…
しかしスティービー、カイトは軽快な動きをみせる。
26分。スティービーがサンバに後ろから倒されたが、ホイッスルはない…
これがケチのつけはじめだ…
直後の27分。
カイト→スティービーへのプレゼントパス!決定的であった…
40分。トーレスが粘って得たFK!
スティービー→カイト!枠にいかない…

後半に入っても流れが悪いReds。
Rafaが動いた!
相変わらずの持ち過ぎと動きの悪いバベルに代わり、ベナユンが入った。
すると直後の60分。
ベナユンが溜めてスティービー→ルーカス→スティービー!
ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~~~~ル!
ベナユンがおとりになって、スティービーの素晴らしい飛び出しからのゴール!
82分。KOPもトーレスもそして何よりスティービーが主審の笛に苛立っていたが、
スティービー→トーレス!
ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~~~~ル!
85分。ゲームも決まり、トーレスは御役御免。
ボローニンが代わって入った。
87分。失点につながらなくて良かったが、
シャビ・アロンソのミスはやってはいけないミスであろう…
90分。ベナユンのパスのクリアミスをリーセが拾い、中のボローニン!
ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~~~~ル!
クリーンシートで終わりたかったが、93分。
サンタクルスに決められた…
とはいえ無事怪我人やつまらないカードを貰う事なく、勝てたのでよかった…
ただ何度倒されても笛を吹いてもらえなかったキャプテンは
納得していないかもしれない…

Liverpool 3-1 Blackburn

Goals;Gerrard 60 Torres 82 Voronin 90 Santa Cruz 90
[PR]
by jicchan1968 | 2008-04-19 10:35 | サッカー
e0055069_10273158.jpg

Old Trafford。
ローマに乗り込み、快勝したUnited。
しかし、苦手のRiversideには雪と氷雨が混じる落とし穴があった…
とはいえ勝ち点を獲れたリーグ制覇するうえでの大きな『1』であろう…
余裕のUnitedは週末の決戦に備え、ウエイン&ロナウドはお休みだ…
一方のローマは八百長の国のサッカーは観る気もないので、
結局王子様がいなければ何も出来ない集団にしか見えない…

まずは10分。ライアンのCKにウェズ・ブラウンのヘッド!
続く11分にもライアン→オーウェン!決定的な場面が続く!
16分。オーウェンが右オープンスペースを駆け上がり、中のライアンへ!
これまた決定的!
しかし29分。
マンシーニがブラウンに倒され、PK!
少しは面白くなるかと思ったが、デ・ロッシの蹴ったボールは遥か彼方…
自ら僅かに燈った灯も消してしまった…

後半に入り、一応ローマもチャンスを作るものの決められない…
すると70分。
今日再三いいクロスをあげていたオーウェンからテベス!
ゴォ~~~~~ル!決まった!
89分。途中出場したウエインから最高のプレゼントパスを
貰ったパクだが決められない…

結局Unitedが順調にベスト4に駒を進めた!
今日のゲームは試合後にアレックスがMVPにあげたと言われる
オーウェンの活躍が目立ったが、ウエイン&ロナウド抜きでもこの戦力という
『層の厚み』を改めて痛感した…
ギャリー・ネビィルの勇姿も久しぶりに観られたが、
あえて鬼門をあげるならCBであろう…
勿論、リオとビディッチが万全なら問題はないが、
ビディッチの離脱に続いてリオを失うような事があれば、
さすがにピケ&ブラウン(オシェイ)では荷が重い…
ロシアの地ではこの牙城を崩してみたいが、
その前にも大きな壁が立ちはばかる・・・
[PR]
by jicchan1968 | 2008-04-19 10:33 | サッカー
e0055069_951062.jpg

Stamford Bridge。
Chelseaの聖地に神様がやって来た…
1stLegを見事に制したフェネルバフチェ。
ケジュマンにとっては懐かしい場所であろう…

試合は4分。早速動いた!
ランパードのFKにバラックが合わせて先制!
ワンサイドゲームになるかと思ったが、その後は追加点が奪えない…
すると27分。
Chelseaが最も恐れていたアクシデント発生!
GKクディッチーニに代わりイラーリオ。
放送席でも言っていたが、
サードGKにイラーリオがいる事が層の厚さを物語っている…
代わった直後の31分。
アレックスのFK!ふわっとしたボールにルガノ!
決定的!
今日のChelseaならセットプレーから点が取れる…

47分。ボックス内でドログバが振り向き様にシュート!GK正面!
GKが代わった辺りからか流れはフェネルバフチェ。
60分。遂に神様が動いた!
マルドナードに代えケジュマン!
75分。2枚目のカード、セミッヒに代わりウーゴ・ボラル。
やはりあと一歩でChelseaの牙城は崩せない…
78分。ドログバのFKもGood save!
すると82分。左からのクロスにシュート!
リチャーズのミドル!
決定的な場面であったが決められない…
すると87分。エッシェンが粘って切れ込んで中のランパードへ!
ゴォ~~~ル!
ジーコの夢は終わった…

終盤にもったいないイエローを貰ったエッシェンだが、
私はリヨン在籍の頃から大好きなプレーヤーであった…
ウイイレのマスターリーグではChelseaに入る以前にRedsに加入していた程だ…
話はそれたが、彼が終了間際の最もキツい時間帯に点に絡むプレーが
特に目立つのは私だけであろうか…
我がRedsとの1stLegは彼がいない。しかもAnfieldでのゲーム。
圧倒的な優位をもってこのスタジアムに乗り込みたい!
[PR]
by jicchan1968 | 2008-04-19 09:06 | サッカー
e0055069_21281915.jpg

Anfield。
ようやく聖地に戻って来てくれたが、相手がうんざりだ…
スケベなフランス人が率いる世界一ダサいチームとの3連戦最終戦。

何と策士Rafaは、何を思ったのか機能している
4―2―3―1ではなく、久方振りの4―4―2。
この日のスタメンはGKレイナ。
DF右からキャラガー、ヒューピア、シュクリュテル、ファビオ・アウレリオ。
中盤の底にマスチェラーノとシャビ・アロンソ。
右カイトで、左にキャプテン、スティーブン・ジェラード。
2トップでトーレスとクラウチという布陣。
大丈夫か…

案の定ちぐはぐな流れでパスミスも目立つ展開…
嫌な流れだったが、30分。
CKからヒューピア!
ゴォ~~~~~~~~ル!
同点に追いついた!
世界最低のDFセンデロスの相変わらずの揺る揺るのマークに助けられた…
35分。スティービーがミドルレンジからシュート!
これで今日のシステム、流れのもやもやを払拭して欲しい…
42分。フラミニがアクシデント!
ジウベルト・シウバに代わった。

後半に入り、69分。
レイナのパントキックからトーレスが巧みなトラップから振り向き様にシュート!
ゴォ~~~~~~~~~~~ル!
78分。クラウチに代わりバベル。
いつもの形に戻った。
85分。バベルがボックス内で倒され、PK!
蹴るのは勿論我らがスティービー!
ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ル!
ゴォ~~~~~~~~ル!
ゴォ~~~~~~~~ル!
ゴォ~~~~~~~~~~ル!
何という頼れるキャプテン!
カッコ良過ぎるゾォ!!
観ている方が落ち着かない場面に右足から放たれた
強烈なシュートは左隅に突き刺さった!
粕谷さんも久々に『何だ、コイツ!』と思ったに違いない…
しかし万が一このダサいチームにもう1点取られたら…と思っていたが、
87分。トーレス→リーセ。
するとアディショナルタイム。
カウンターからバベルがセスクを振り切ってシュート!
ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ル!
ゴォ~~~~~~~~~~ル!
ゴォ~~~~~~~~~~ル!
ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ル!
決まった!

終わってみれば、やっぱりスティービー、やっぱりAnfieldであった…
とにかくこの戦いがまだ観られるという幸せはこの上ない幸せだ…
ダサいチームは週末もUnitedに敗れ、無冠に終わる事だろう…
しかしRedsも週末は難敵Rovers。
来季のCLが決まった訳ではない…
厳しい戦いはまだもう少し続く…
e0055069_21284271.jpg

[PR]
by jicchan1968 | 2008-04-10 21:37 | サッカー
The Riverside Stadium。
ローマに乗り込み、快勝したUnited。
もう一つのタイトルであるプレミア制覇も佳境だ。
しかし、ここRiversideの『メンディエタ劇場』は記憶に新しい…
ローマ戦とは真逆の4―0の大敗であった…
今日は果たして…

10分。ライアンのCK。
ファーのキャリックに流れ、グラウンダーのパスにロナウド!
ついている男の前にボールが来るものだ…
あっさりとUnitedが先制した!
35分。右サイドハーフウェイライン辺りからの大きなクロスに
走り込んだアフォンソ・アウベス!
決めたぁ~~~~!
ゴォ~~~~~~~~ル!
これでスタジアムのムードも一変。
39分にもボーテンクの素晴らしいチェックから素早く起き上がってクロス!
これも決定的な場面であった…

後半の立ち上がり、ボロの決定的な場面→Unitedの決定的な場面…
これぞプレミアというゴール前のシーンが続いた…
すると56分。
GKから競って落としたボールが走り込んでいたアフォンソ・アウベスの足元へ!
GKと1対1!
ゴォ~~~~~~~~ル!
冷静に決めて逆転!
スタジアムのボルテージは最高潮に膨れ上がった!
59分にもゴール前での決定的な場面!
しかし、ボロも突き放せない…
すると嫌な流れを変えるため、64分。
テベスに代わりパク・チソン投入!
続く67分にもオシェイに代えオーウェン。
70分。足を引きづっていたリオに代わり、ピケ。
72分。CKからパクがそらしたボールにウエイン!
これもダメ…
すると74分。パクが巧みな切り返しから、
ピンポイントでウエイン・ルーニーへ!
ゴォ~~~~~ル!
久々にUnited最高のホットラインで同点に追いついた!
すると77分。サウスゲイトが動いた。
アウベスに代えトゥンジャイ。
88分。右のオーウェンからウエイン!
どんぴしゃだったが、ここはGood save!

Unitedにとっては痛い勝ち点『1』であっただろうが、
観ている側にとっては最高に面白いゲームであった…
最高のゲームを魅せてくれたのは両軍のプレーヤーで間違いないのだが、
このスタジアムとサポーター、
そして雪と氷雨が演出してくれたのは間違いないだろう…
[PR]
by jicchan1968 | 2008-04-10 21:22 | サッカー
シュクリュ・サラチオール・スタドゥ。
イングランドの強豪Chelseaに対し、
神様はどんなゲームを魅せてくれるのだろうか…
Joseが去り、訳のわからない監督はどう見ても
私はヒキガエルにしか見えない…
おそらく選手たちは『Joseがいなくても俺たちはこれだけ出来るんだ!』
というモチベーションで挑んでいる事だろう…

試合は18分。
エッシェンのミドル!
これは惜しくもクロスバーを叩いた!
23分。エッシェンのふわっとしたクロスにドログバ!
30分。バラックからボックス内でウェデルソンを背後に背負ってドログバ!
枠を捉えた素晴らしいシュート!

後半に入り、50分。
フェネルバフチェがようやくいい攻撃をみせる!
すると65分。神様の采配が当たる!
メフメト・アウレリオからボールをうけたリチャーズが同点ゴール!
リチャーズが交代で入った際には、
おそらくフェネルバフチェサポーターも首をひねった人は少なくない筈だ…
神様の采配、神様の選手起用というべき他ない…
するとスタジアムのムードは一変。ピッチの選手たちにも影響が出てきた…
すると81分。オウンゴールを献上してしまったディビッチが強烈なミドル!
ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~~~~ル!
遂に…遂にフェネルバフチェ逆転!
結局、Homeの熱いサポーターにも守られ、
2―1と見事な逆転勝利を飾ったジーコ・フェネルバフチェ!
Stamford Bridgeで神様は笑う事が出来るのだろうか…
[PR]
by jicchan1968 | 2008-04-09 22:32 | サッカー
e0055069_22214465.jpg

世界一ダサいスタジアム。
魔の一週間と言っていいだろう…
スケベなフランス人が率いる世界一ダサいチームとの3連戦…

試合は26分。
スティービーが上手くボックス内に切れ込み、折り返しにカイト!
ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~~~~ル!
最初のチャンスをモノにした!

後半に入るとファン・ペルシーに代わり、
唯一と言ってもいいイングランド人ウォルコットが入った。
48分。トーレスがセンデロスに倒され、FK。
まったく…顔だけでなくプレーから何から何まで全てが汚い奴だ!
そのFK。スティービーが蹴ったボールを競って落としたボールにカイト!
惜しい!
結局、結果は予想通りの1―1。

カイトのプレーは明らかにPKだ!と言っている人がいるが、
まったくそうは思わない。
あの程度で倒れ、PK!となるのであれば、
小学生レベルのフットボールになってしまう。
ましてやあんな近くで全てを見ていた主審に対し、失礼だと思う。
もしあれがPKならトーレスが倒されたのもPKになる訳で、
騒ぐような事ではない。
いずれにしてもまた週末、来週とこのチームの顔を見ると思うとゾッとする…
[PR]
by jicchan1968 | 2008-04-09 22:24 | サッカー
スタディオ・オリンピコ。
ここでの昨シーズンちんちんし、
赤っ恥をかかせた相手との再戦となったUnited。
相手のローマにとってはこれ以上ないリベンジの相手だが、
Unitedは相当より強くなっていると思うが果たして…
Unhtedのスタメンは、GKファン・デルサール。
DF右からウェズ・ブラウン、リオ、ビディッチ、エブラ。
中盤は底にキャリック、中にアンデルセンとスコールズ。
右ロナウド、左はライアンではなくパク・チソン、
1トップにウエイン・ルーニーという布陣。
この大舞台でパクが先発とは嬉しい限りだ…

15分。CKからパヌッチ!キャリックが完全に競り負けていた…
28分にもブチニッチがシュート!
オープニングシュートに比べ、惜しいシュートてあった…
その直後、Unitedが最も恐れていたアクシデントが発生!
ビディッチがブチニッチと競った際の着地で足を痛めてしまった…
33分にオシェイと代わった…
嫌な予感があったが、39分。
ウエインからチャンスが広がり、右オープンスペースのスコールズへ!
ふわっとしたクロスにロナウド!
ゴォ~~~~~ル!
八塚さんが言う通り、
鷹が獲物を捕らえるように画面の見えないところから飛んで来た!
強烈なヘッド!
42分。ブチニッチがチャンスを作るも枠にはいかない…
結局前半はAWAYのUnitedが先制!0―1で折り返した。

52分。CKからパヌッチ!
ローマにとって今日はじめての決定的な場面!
62分にもCKからブチニッチ!こぼれ球にメクセス!
これまた決定的な場面であったが決められない…
すると66分。右からのクロスにパク・チソンがよく追いついて折り返し、
GKドニが弾いたところにウエイン・ルーニー!
ゴォ~~~~~~~~~~ル!
これで2―0。
Unitedは楽になった…
68分。ドリブルから中へ切れ込みロナウド!
ポストを叩いた!
72分。余裕のつなぎでウエインの戻したボールにキャリック!
決定的な場面であったが、枠にはいかなかった…
90分にもテベス→ロナウドという見せ場があったが、
United余裕の勝利であった…
[PR]
by jicchan1968 | 2008-04-09 22:17 | サッカー