イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2008年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

e0055069_2031503.jpg

Anfield。
前節、Rafaにとっては最大の天敵であったUnitedに遂に勝った。
そしてCL初戦の難敵マルセイユを内容はどうあれ
偉大なるキャプテンの2発で退けた。
今日はキーンの一発が欲しいところだ…

3分。トーレスが貰ったFK。
スティービーが直接叩き込んだ!
ゴォ~~~~~ル!
あっさりとRedsが先制したが、画面上は0―0が続いている(苦笑)
8分。カイトのクロスにロビー・キーン!
枠を捉えたが惜しかった…
12分になったところで実況の倉敷さんからNo Goalとの知らせが…Why?
全く理解出来ない…
27分。リエラのシュートで終わったが、
このリエラは状況がよく見えていて、
緩急長短のクロスやパスを使い分けていて面白い…
ロスタイム。遂にディラップのロングスローが観られたが、
直接GKレイナがキャッチ。
あの幻のゴールが決まっていれば最高の前半であったが、
結局はスコアレスでの折り返しとなった。

51分。アルベロアからロビー・キーン!
決定的な場面であったが決められない…
これは決めなくちゃだよ…
54分。アルベロアのクロスに今度はトーレス!
どんぴしゃだったがわずかに枠を外れた…
61分。カウンターでボックス内でボールを受けたキーンが勝負をしない…
失望だ…何なんだこの男は…
これではクラウチ先生の方がよっぽどマシだ!
64分。トーレスのシュートも入らない…
65分。リエラに代わりバベルが入った。
67分。カイトの2度のシュートとも面白かったが、ゴールが遠い…
70分。左サイドからのスティービーのFKもボール一つ外れた…
72分を回り勝負をしなかった男がベナユンに代わった。
84分。トーレスのシュートも珍しく力んだか…
嫌な予感はほどよく当たるものだ…
結局このまま長いホイッスル。

結局先週のUnited戦の勝利があまり意味のないものになってしまった…
いや全く意味がないと言っても過言ではない…
私には61分の勝負をしなかったロビー・キーンが今日の全てとも言える…
4―0辺りのどうでもいい4点目のゴールぐらいしか
今の彼には決められないだろう…
まだゴールを一つもあげてないのだから…

・Barclays Premier League

Liverpool 0-0 Stoke
e0055069_20333539.jpg

[PR]
by jicchan1968 | 2008-09-23 20:39 | サッカー
e0055069_93926.jpg

ベロドローム。
いよいよまたあのアンセムを聞く時期になって来た…
そして再びこの場所へ戻って来た…
UEFAチャンピオンズリーグ。対マルセイユ。
戻って来たと言えば、頼みの『8』と『9』が揃ってピッチに戻って来た。

7分。CKからファーにそらしたところにトーレス!
惜しい!
14分。ラインを突破され決定的な場面を作られたが、失点は免れた…
15分。カイトからバベル!
これまた決定的!
続く16分~17分にもスティービー、トーレスの怒濤の攻撃も
ゴールネットを揺らす事は出来ない…
23分。危惧されていた高いDFラインを嘲笑うかのように
上手く飛び出されマルセイユ先制。
26分。高い位置でトーレスがボールを奪い、カイトへ流し、
落としたところにスティーブン・ジェラード!
ゴォ~~~~~~~~~~~ル!
あのボールをダイレクトであのコースに蹴れるのはスティービーだけだろう…
最高の時間帯で素晴らしいキャプテンのゴールで同点に追いついた!
30分。キャラガーのロングフィードにバベルが飛び出しボックス内へ!
バベルの駆け引きに完全に誘われ、足を出してしまった!
長いホイッスル!PK!
スティービーがポストに当てながらも決めてと思われたがやり直し…
粕谷さんが言うようにヒステリックな主審は蹴る前に動いたと主張…
確かにそうだが、スティービーも完全に苛ついているのが伺えた。
粕谷さんの言うように流すところは上手く流さないとと私も感じたシーンだ…
40分。ドッセーナが激しいファウルで鈍い音がしたが、イエローは出ない…
ドッセーナが大事に至らずよかったのだが…
結局先制点は取られたものの、
無事すぐに追いつき見事逆転し前半を終える事が出来た。

後半に入り57分。
べナルファが下がってしまった…
もうちょっと観たかったが、決められても困ってしまうのだが…
62分。CKをどんぴしゃヘッドで合わされたが、幸いにもGKレイナの足下!
助かった…
64分。トーレスが御役御免。
リエラに代わった。
65分にもマルセイユの決定的な場面…
追加点が必要だ…
69分。スティービーに代わりベナユン。
献身的なカイトにご褒美の一発でも欲しいところだが…
72分にもふかしたとはいえフィニッシュまでいかれている…
この時間帯を乗り切って欲しい…
75分。リエラのクロスにベナユンが潰され、バベル!
思いっきり撃ったシュートもGK正面!
86分。カイトに代えロビー・キーン投入。
意外にこの少ない時間の中で移籍初ゴールが決められたりして…
91分にもスローインから決定的な場面を作られたが、守りきった…
93分にも決定的な場面!
しかし何とかこのまま終える事が出来た…
内容的には完全に負けゲームだが、勝ち点『3』を得られたのは本当に大きい…
無事CL初戦、しかもAWAYでは内容よりもこの結果が欲しかったのだ…
とにかく『8』と『9』が元気にピッチに戻って来てくれてよかった…

・UEFA Champions League Group D

Marseille 1-2 Liverpool

Goals;Cana 23 Gerrard 26 , 32(pen)
e0055069_932794.jpg

[PR]
by jicchan1968 | 2008-09-20 09:04 | サッカー
e0055069_8535296.jpg

Old Trafford。
ヨーロッパチャンピオンが連覇を目指し、再び熱い戦いがはじまる…
我がRedsに久々に敗れ、週末にはChelseaとの対戦が待っている…
勝ったから言う訳ではないが、このスケジュールはキツい…
おまけにスコールズ、ビディッチが出場出来ない…
迎える相手はスペインの曲者ビジャレアル。
しかし私が最も注目していたマルコス・セナの姿が見えない…残念だ…

6分。久々に先発したパクからウエインへのスルーパス!
やはりこのコンビは最高だ…
8分。CKのボールが流れ、リオの目の前に!
いきなりの先制点とはいかなかった…
14分。ナニがミドルレンジから矢のようなシュート!
いいシュートであった…
24分。ナニ→フレッチャーからパク・チソン!
決定的な場面であった…
30分。テベスの豪快なシュート!
局面を打開しようといいシュートであった…
39分。ウエインがミドルレンジから振り幅の小さいながらも鋭いシュート!
それでも決められない…
46分。ウエインが振り向き様にシュート!
ハーフウェイラインからであった…
このシュートが前半を物語るように、
完全にUnitedがゲームをコントロールしていながらも
得点を奪う事が出来なかった…
ウエイン、テベスは相変わらずだが、ナニ、パクの動きが目立っていた。
一方のビジャレアルはピレス独特のリズムの良さと
DFの集中力の高さが目立っていた。

先に動いたのはやはりビジャレアル。
カニに代えサンティカソルラ。注目だ…
55分。リズムをやや取り戻したUnited。
ウエインから右サイドのパクへの展開!しびれるパスだ…
応えられなかったパクも悔しいだろう…
60分。サンティカソルラとピレスを中心としたあまりにも美しい攻撃。
ゴールかと思われたが、ノーゴール…
実に惜しかった…
そしてファーガソンが動き、あの男がピッチに戻って来た…
クリスティアーノ・ロナウド。
大歓声だ…
66分。カウンターからロナウド!
いきなりの復帰&今季初ゴールとはいかなかった…
すると疲れのみえたピレスに代えイバガサ。
解説の原さんも言っていたが、本当にいい駒を持っている…
72分。ロナウド→ウエイン→テベス!
完全に崩されたが、ロドリゲスがかき出した!
80分。ナニからロナウド!
決定的であった…
82分。右に開いたロナウドからエバンス!
決定的だったがこれまたポスト!
結局Unitedは大事なCLHome開幕戦をスコアレスでの発進となった…

・UEFA Champions League Group E

Manchester Utd 0-0 Villarreal
e0055069_8542887.jpg

[PR]
by jicchan1968 | 2008-09-20 08:54 | サッカー
e0055069_8443514.jpg

遂に、遂にやってくれた・・・
昨シーズンも試合内容は勝っていながら、結果を残せなかった。
勿論、昨シーズンだけではなく、Rafa・Redsにとっては、
Unitedの壁は崩せなかった・・・

今回の勝因はいくつかあるだろうが、
Redsにとっては「8」と「9」がベンチに戻って来てくれた事もあるが、
カイトを中心とした高い位置からのディフェンスととにかく「勝つんだ!」という
意気込みが強く感じられた。
Unitedに「7」がいなかった事も要因の一つと言われればそうかもしれないが、
今回も欲しかったのは内容の評価よりも結果であった。
その意味でも序盤戦の大一番に勝ててよかった。
試合内容を振り返らなくても、とにかく勝ててよかったという言葉しかない・・・

・Barclays Premier League

Liverpool 2-1 Manchester Utd

Goals;Tevez 3 Brown og 27 Babel 77
e0055069_8454456.jpg

[PR]
by jicchan1968 | 2008-09-20 08:52 | サッカー
e0055069_8132552.jpg

White Hart Lane。
ビック4の一角を崩すとするば…というチーム同士の対戦。
注目はパブリチェンコとアグボンダホールだ。

ゲームは開始5分。
左サイドを崩され、ゴール前でレオコーカー!
ゴォ~ル!
あっさりとビランズがAwayながらも先制!
ゴール前での人数にも余裕があった…
23分。右サイド深い位置から戻したボール、レオコーカーのクロスにバリー!
24分にもアグボンダホール!
決定的な場面を続けてGKゴメスがgood save!
30分。アクシデントでモドリッチがジーナスに代わった。
36分。私の好きなハドルストーンがミドル!
キレの良いシュートであったが…

後半に入りラモスが動いた。
ゾコラに代えベントリー投入。
途中ジーナスのアクシデントはあったが、50分。
レノンのシュートにようやくスタジアムが少し温まる…
54分。アシュリー・ヤングが巧みなドリブルからシュート!
ゴォ~ル!
これまたあっさりと追加点を奪った。
62分。ドーソンを下げてドス・サントス投入。
一方ビランズはカリューにアクシデント。
ミルナーが代わって入った。
68分。べイルのクロスにベント!
枠にいかない…
80分。ドス・サントスが右サイドから中へ切れ込んでシュート!
枠にはいかず、苛立っているのがよくわかる…
84分。スパーズサポーターが帰る映像が見られたが、
その直後にウッドゲイトとGKゴメスとのパス交換を見ていると
頷けるような気がする…
すると87分。ベントがラッキーなゴールでようやく1点を返した。
ロスタイム、最後の最後でやや盛り上げたスパーズだったが、
やはり時既に遅しであった…

ビランズは攻守の切り替えの速さとディフェンスの集中力の高さ、
攻める際の連携の良さが目立っていた。
一方のスパーズはやはり2トップを中心に主軸が入れ替わったため、
連携の悪さが目立った。
仕方がないといってももう4ゲームを消化している…
スパーズ幹部がラモスを信じ、我慢してくれればいいのだが…

・Barclays Premier League

Tottenham 1 -2 Aston Villa

Goals; Reo-Coker 5 Young 54 Bent 87
e0055069_814911.jpg

[PR]
by jicchan1968 | 2008-09-20 08:16 | サッカー
e0055069_2240430.jpg

City of Manchester。
巨万の富を持つアブラモビッチのChelsea。
その富を遥か上回る莫大な富豪オーナーに代わったCity。
お金では買えないモノは数多くあるが、
まずはブラジルの新星、ロビーニョを手にいれた…
今シーズン、Stamford Bridgeで行われるゲームでは
どんなメンバーになっているのかと想像してしまう…

13分。ゴール前、絶好の位置でのFK。
ボールをセットしたのはロビーニョ。
時間をかけて右足から放たれたボールはゴールネットへ!
ゴォ~~~~~ル!
まさしくセンセーショナルな一発だ!
しかしその余韻も数分で現実に戻された…
16分。CKからこぼれ球がジョー・コールに当たってカルバーリョ!
あっさりと同点に追いついた!
24分。アイルランドのシュートも決定的…
惜しくも枠を外れた…
28分。Chelseaもマルーダが決定的なチャンスを決められない…
GKと1対1であった…
42分。アネルカもプレゼントパスを貰ったが決められない…
46分。アシュリー・コールの惜しいシュートがあったが、
このまま前半終了。
鮮烈なロビーニョのデビューゴールが観られた前半であった…

後半に入り、53分。
流れるような攻撃でボックス内に入ったランパードが左足を振り抜いた!
ゴォ~~~ル!
先制されたが、ジタバタせず早くもゲームをひっくり返した…
60分を回り、マーク・ヒューズが動いた。
ハマンに代えフェルナンデス。
64分。Cityも決定的な場面であったが、カルバーリョ!
完全にやられたという場面であった…
66分にもアネルカの落としにランパード!
惜しくもGK正面!
強烈なシュートであった…
70分。
ベンチのドログバが見えたかは知らないが、アネルカが決めた!
ジョー・コールからのやさすぃラストパスを落ち着いて流し込んだ!
これでフェリペも余裕の交代。
マルーダ、ジョー・コールに代わり、ドログバ、ベレッチが入った。
77分。デコがやってはいけないミスパスをしてしまった!
パスを貰ったジョーがテリーに倒された!
ハルジーは迷わず一発レッド!
Cityに奇跡は起こるのか…
しかし、結局このまま長いホイッスル!

巨万オーナー対決は、富の多さに比例とはいかず、
当然の事ながらChelseaが勝利した。

それにしてもロビーニョは見事デビュー戦でのFK。
しかもChelsea相手に決めたのだ・・・
またショーン・ライトとロビーニョの元気っぷりからも
今後のCityがますます楽しみだ。
また来年1月末にはどんなメンバーがCityに加わるのか?
マーク・ヒューズの手腕と共に期待せざるを得ない・・・

・Barclays Premier League

Manchester City 1-3 Chelsea

Goals;Robinho 13 Carvalho 16 Lampard 53 Anelka 69
e0055069_22401995.jpg

[PR]
by jicchan1968 | 2008-09-16 22:41 | サッカー
e0055069_22203379.jpg

デルボスケも初戦の難敵ボスニア・ヘルツェコヴィナを
PK失敗はあったものの、無事Homeで白星スタートをきった。
しかしアジア予選とは違い、高いレベルでの限られた枠
を獲らなければいけない欧州予選は楽な相手などいない…

試合は7分。
予想通り引いてきたアルメニアのDFラインをあざ笑うかのように
イニエスタから左SBカフデビラへ!
ゴォ~~~ル!
あっさりとスペイン先制!
そして15分。
再び左サイドから仕掛けたイニエスタがシュートではなく、エース・ビジャへ!
ゴォ~~~ル!
イニエスタの創造性とビジャの決定力の高さによる2点目。
結局このまま前半が終了。
イニエスタのキレの良さが目立った前半であった。

後半に入り55分。
先発だったグイサに代わりシャビ・アロンソが入った。
60分を回ってもボックス内に仕掛けているのは殆どイニエスタだ。
65分。ボージャンが入り場内大歓声!
早速右から仕掛けた…上手くはいかなかったが再び大歓声!
68分。完全に今日の主役であるイニエスタが再びボックス内に仕掛ける。
倒されたがホイッスルはない…
69分。シャビ・アロンソの強烈なミドルもわずかに枠の外…
73分。攻撃の形を作りたいデルボスケはシャビに代えセスク投入。
79分。解説の清水さんが言っていたように美しすぎるサッカー!
短いパスをつなぎ合わせ、最後はシャビ・アロンソからビジャ!
ゴォ~~~~~~ル!
完璧と言っていい素晴らしいゴールで3―0。
するとEURO王者の立役者マルコス・セナの強烈なミドル!
ゴォ~~~ル!これで4―0。
最優秀助演男優賞のマルコス・セナが主演にノミネートだ(笑)
88分。セスクのヒールにボージャン!
キレのあるいいシュートだったが、GKに弾かれた…
最後にシャビ・アロンソからボージャンへのスナイパーパスというか
強烈なピンポイントパスが観られたが、ここで長いホイッスル。
スペインが盤石のサッカーでアルメニアを退けた。

とにかくイニエスタのキレキレとビジャの決定力、
控えであるシャビ・アロンソとセスクのポテンシャルの高さと
マルコス・セナ、シャビを含めた中盤の構成力の素晴らしさが出たゲームであった…
トーレスがいなくてもこのサッカー…スペイン黄金時代はまだまだ続きそうだ…

Spain 4-0 Armenia

Goals;Capdevila 8 Villa 17 , 79 Senna 82
[PR]
by jicchan1968 | 2008-09-16 22:26 | サッカー
e0055069_2210588.jpg

ラ・コンドミナ(ムルシア)。
ヨーロッパチャンピオンが今度はワールドカップ制覇を目指していよいよ始動する。
監督がレアルでもお馴染みのデルボスケに代わり、新体制での船出となる。
しかも相手はボスニア・ヘルツェゴヴィナ。
容易な相手ではない…

実は色々と書いているが、
本当は我がイングランドのゲームを観たかったのだが、
放送がないため仕方なくこのゲームを観ているのだ(笑)

27分。グァルディオラ以来の逸材と呼べるマルコス・セナの強烈なミドル!
惜しくもクロスバーを叩いた!
35分。左サイドからのFK。
代表初先発で気を吐いているディエゴ・カペルが倒された!
PKの判定!
しかしビジャのシュートは枠を外れた…
39分。カウンターでイニエスタがドリブルで仕掛け、ボールキープ!
本当にたくましく成長した…

PK失敗は残念だったが、
イニエスタ、シャビのプレーは相変わらず安定感と創造性がある。
ディエゴ・カペルも自分の持ち味を出そうと必死さが伝わってきた。
途中ベンチが映ったが、
我がRedsの守護神レイナがベンチを温めているのは本当に残念でならない…
もしもイングランド代表なら…と考えてしまうのは私だけだろうか?(笑)

後半に入り53分。
局面を打開しようとイニエスタがドリブルでボックス内まで仕掛けシュート!
ゴールこそ決まらなかったが素晴らしい!
彼とメッシ、そしてシャビがいるバルサの復権に期待したい…
すると58分。
セスクのスルーパス!
ビジャがギリギリに飛び出し、GKをかわしたが、角度がない!
しかし迷わず放たれたシュートは綺麗に枠の中へと吸い込まれた!
ビジャのポテンシャルの高さとストライカーとして角度がなくても
自分で決めてしまうところが真のストライカーであり、
超一流のストライカーの証だ…
65分。セスクに代わり我がRedsのシャビ・アロンソが入った。
72分。初代表で目立っていたカペルに代わり、カソルラが入った。
スペイン絶好の場面もあったようだが、集中豪雨の影響で映っていなかった(笑)
映ったら既に76分を回っていた…
85分。ビジャが御役御免とばかりにグイサと交代した。
92分。左サイド深いところでボールを受けたイニエスタ。
時間稼ぎのボールキープはせず、切れ込んでシュート!
これがスペインだ!
アルゼンチンなどは理解出来ないだろうが、
これがスペクタクルな美しいスペインサッカーなのだ。
結局このまま長いホイッスル。
見事難敵ボスニア・ヘルツェゴヴィナを1―0で退けた。

Spain 1-0 Bosnia-Herzegovina

Goal: Villa 58.

Spain Casillas, Albiol, Puyol, Capdevila, Sergio Ramos,
Iniesta, Xavi, Fabregas (Alonso 65), Senna,
Diego Capel (Santi Cazorla 72), Villa (Guiza 85).

Bosnia-Herzegovina Hasagic, Vladavic,Berberovic (Ibisevic 65),
Nadarevic, Radeljic, Rahimic,Damjanovic (Ibricic 81), Misimovic,
Muratovic,Dzeko (Pjanic 84), Salihovic.
[PR]
by jicchan1968 | 2008-09-09 22:13 | サッカー

Shock!!

e0055069_10214641.jpg


解任(辞任)予想オッズ1位のハマーズ、Alanが辞めてしまった…
噂されていたクラブ側との確執は本当だった…
『信頼関係が壊された』との理由が公に言われている。
チャールトン時代から好きな監督の一人であり、
カペッロの前にやった人間よりよっぽど彼のイングランド代表を観たかった…

そして開幕戦、見事2冠王者から勝ち点を奪い、
今シーズンかなりの期待をしていたキーガンも辞めてしまった…
こちらもクラブの運営方針が問題で彼曰く『そうするしかなかった』とのことだ…
2人とも私の好きな指揮官であり、好きなチームでもある。
とりわけキーガンには開幕戦の印象も強く、
United、Chelsea、Redsに次ぐ4位を期待していただけに、
残念でならない…
どっかの国の丸投げ総理の辞任などどーでもいいが、
この2人の辞任にはがっかりだ…
ロビーニョのCity電撃移籍よりもそのショックは計り知れない…
e0055069_10221733.jpg

[PR]
by jicchan1968 | 2008-09-06 10:22 | サッカー
e0055069_9575635.jpg

Wembley。
なかなか時間がなく、話題となったチェコ戦をようやく観る事が出来た。
注目のイングランドのスタメンはGKデイビッド・ジェームズ。
DFは右からブラウン、リオ、キャプテンのジョン・テリー、アシュリー・コール。
中盤は右ベッカム、中にランパードとギャレス・バリー、左にスティーブン・ジェラード。
2トップはウエイン・ルーニーとデフォーという表記の布陣。

7分。最初のチャンスはチェコ。
左サイドから崩されたが、失点には至らなかった。
8分。今度は左ウイングの位置からスティービーが強烈なミドル!
惜しかった…
15分。フィードのボールにバロシュ!
危ない場面だった…
22分。ボックス内に簡単に入られ、バロシュがシュート!
ゴール!
こんなに簡単にボックス内に入れさせたらこうなる…
ラッキーなゴールでも何でもない必然のゴールだ。
これがEURO出場を逃したイングランドの現状であろう…
27分。デフォーのシュートは良かったが、このような緩急の攻めが必要であろう…
31分~32分。
ベッカムのクロスにブラウンのヘッドか?
続いてデフォーのシュート!
畳み掛けるが簡単にチェフの牙城を崩す事は出来ない…
38分。
スティービーからの絶妙のスルーパスにデフォー!
ここはチェフのgood save!
今日一番のチャンスだったか…
45分。
ベッカムのCKにウェズ・ブラウン!
ゴォ~~~ル!
ベッカム独特のスワーブがブラウンにどんぴしゃであった。
容易な失点はいただけないが、同点に追いついての折り返しで良かった。

カペッロが動いた。
後半のあたまからデフォーに代えへスキー。
デフォーは決して悪くなかったが、大事な予選を前に色々と試したいのだろう…
開始直後の48分。
ゴール前絶好の位置でのFK。
ヤンクロフスキの左足から放たれたボールは
GKジェームズ一歩も動けずゴールへと吸い込まれた…
57分。ゴール前ど真ん中がぽっかり空いてしまい、シュートを撃たれてしまった…
これは大変危険な場面であった…
58分。カペッロが動いた。
リオとスティービーに代えウッドゲイトとジョー・コールが入った。
69分。今度はウエインが下がりダウニング。
あの眼鏡をかけた外人は何を考えているのだろうか?
コイツじゃあまたワールドカップ予選も先がおもいやられそうだ…
79分。代表では存在が消えてしまうランパードに代わりベントリー、
ベッカムに代えジーナスが入った。
92分。CKからごちゃごちゃっとしたゴール前でジョー・コールが押し込んだ!
ゴォ~ル!
何とか同点に追いついた…結局このまま長いホイッスル。

結果的にはジョー・コールに救われた訳だが、
内容には何一つ満足するものは得られなかった…
イングランドも結局はセットプレーからの得点にとどまり、
流れの中からゴールが期待出来る場面は全体を通してもごく僅かであり、
後半に至っては退屈な45分であった。
日本の眼鏡のおじさんは任期途中で丸投げという無責任きわまりないが、
この眼鏡をかけた外国人監督も私にはうさん臭くてしょーがない…
まるで何とかジャパンとか言って、
ろくに野球などやってる国もろくにないのにメダルも取れない指揮官と
ダブってみえるのは私だけだろうか?…

England 2-2 Czech Republic

Goals: Baros 22, Brown 45, Jankulovski 48,Joe Cole 90.

England: James, Brown, Ferdinand (Woodgate 57), Terry,
Ashley Cole, Beckham (Jenas 79), Barry, Lampard (Bentley 79),
Gerrard (Joe Cole 57), Defoe (Heskey 46), Rooney (Downing 69).

Czech Republic: Cech, Grygera (Pospech 46), Ujfalusi, Rozehnal,
Jankulovski, Vlcek (Jarolim 46), Kovac (Rajnoch 75), Polak,
Plasil(Papadopulos 90), Sirl (Kadlec 75), Baros (Sverkos 46).
e0055069_9584714.jpg

[PR]
by jicchan1968 | 2008-09-06 10:03 | サッカー