イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2008年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

e0055069_22175650.jpg

Goodison Park。
ミッドウイークには格の違いをみせつけたUnited。
今日は絶好調ウエインの古巣エバートンのHome、
Goodison Parkに乗り込んだ。
ウエイン本人はあまり感傷に浸る事はなさそうだが…

15分まではお互いのゴール前のシーンが多く、
エバートンもいい入り方をしていたが、22分。
フレッチャー→ライアン→フレッチャーの1・2を簡単に決められ、United先制!
フレッチャー&ライアンのコンビネーションの良さが伺える見事な先制点。
30分。ビディッチがサアへのスライディングでイエロー。
39分。右サイドにチェンジしたパクからの強いクロスにウエイン!
あの強いボールをいとも簡単にトラップし、シュートまで…素晴らしい!
結局立ち上がりこそ可能性をみせたエバートンであったが、
このまま前半が終了。
Unitedの盤石さだけが目立った前半であった。

後半に入り、エバートンの時間帯が続いたが、
ネビルのスライディングで両陣営が熱くなる…
エブラ、ロナウドを次々と倒した…
当然イエローだが、ライアンとリオはその色に不満そうだ…
63分。ネビルのスローインからネビルが再びボールを受け、クロス!
ゴォ~~~~~ル!
フェライーニのヘッドが決まった!
すると65分。リオの致命的なミスからヤクブ!
決定的なチャンスをいかせなかった…
71分。ウエインがOut。
ナニに代わった。
78分。フレッチャーに代えてテベス登場!
84分。テベスからロナウド!
惜しくもディフェンスに阻まれたが、まさしくホットライン!
87分。決定的な場面でロナウド!
しかし枠にいかない…
結局このまま長いホイッスル。

後半はお互いが別のチームに生まれ変わったかのような展開。
エバートンにとっては大きな自信につながる貴重な勝ち点『1』。
一方のUnitedにとっては痛い引き分けとなった。

・Barclays Premier League

Everton 1-1 Manchester Utd

Goals;Fletcher 22 Fellaini 63
e0055069_22193077.jpg

[PR]
by jicchan1968 | 2008-10-28 22:21 | サッカー
e0055069_22164973.jpg

The Stamford Bridge。
いよいよ頂上決戦の日を迎えた…
といってもここは難攻不落のStamford Bridge。
とにかく負けない…
Redsにとってのマイナス要因は、トーレス不在。
一方Chelseaにとってのマイナス要因は
アネルカの代わりがいないという事だろうか…
試合前のRafaとスコラーリの握手が印象的だった。

3分。マスチェラーノからのパスに足を滑らしたシャビ・アロンソ。
最初のピンチであったが、事なきを得た。
10分。スローインからカイト、キーンがヘッドでそらし、
シャビ・アロンソがシュート!
ゴォ~~~~~~~~~~ル!
相手に当り完全に逆をとられたGKチェフ。
まさかというかラッキーな早々の先制点となった。
24分。スティービーの左足!
ここはGKチェフが弾いた。
37分。スティービーがボールを失い、デコがドリブルからシュート!
解説の桑原さんが言っていたように、
もう1、2テンポ早く撃たれていたら危なかった。
39分。ルーズボールにスティービーがスライディング!
チャンス!と思ったが、ホイッスル。
イエロー。
納得がいかない…
長いホイッスルが響きわたり、あっという間の45分が終わった。
実に緊張感があり、両キャプテンをはじめとする気迫が伝わり、
頂上決戦に相応しい内容であった。

56分。キャラガーが倒され、A・コールがイエロー。
彼らしい汚いプレーだ…
58分。やはりスコラーリが先に動いた。
カルー、マルーダに代え、ベレッチ、ディサントが入った。
60分。今度はRafaが動く。
キーンに代わりバベル。
62分。ゴール前のFK。
シャビ・アロンソの蹴ったボールはポスト直撃!
惜しかった…いや惜しすぎる…
73分。今日はじめての決定的な場面を作らせてしまったが、
最後がA・コールで助かった。
76分。デコの決定的な場面であったが、よくキャラガーが入った。
本当に今日は集中している…
85分。ボシングアに代えシンクレア。
88分。今日も本当によく動いていたカイトに代わりルーカスが入った。
90分。リエラに代えてヒューピア。
遂に、遂に、遂に長いホイッスル!

一つの神話が崩壊した!
前半こそとても短く感じられたが、80分を回ってからが長かった…
とりわけスティービー、ジェイミーの集中力と気迫は本当に凄かった。
正直ここで勝ち点『3』を獲れるとは思わなかった。
0―0でも勝ち点を拾えればと思っていた。
90分を回ってからは、Stamford Bridgeに詰め掛けたRedsサポーターと
一緒に心の中でYou’ll never walk aloneを大合唱していた…
これで優勝が…と意気込みたいところだが、
長いシーズンはまだはじまったばかり…
今日の一戦を思い出し、ここで勝てたのだから何も恐れず、
今日のような勝利を積み上げれば自然と夢が現実へと近づくであろう…
とにかくRafaをはじめ、戦った選手、スタッフ、
そして難攻不落のStamford Bridgeへ詰め掛けた
Redsサポーター全員に言葉をかけたい…
『ありがとう!』

・Barclays Premier League

Chelsea 0-1 Liverpool

Goal; Alonso 10
e0055069_22171661.jpg

[PR]
by jicchan1968 | 2008-10-27 22:19 | サッカー
e0055069_21555166.jpg

The Stamford Bridge。
やはり1日1試合の観戦が限度の私にとって、
週末のプレミアを観られずにこのゲームとなってしまった…
試合前のテリーとトッティー、
両キャプテンが実にいい表情で握手をしていたのが印象的だ。

Finalをスタディオ・オリンピコで行うローマにとっては
試金石ともなる大事なゲームであり、
次のステージ進出も左右する大事なゲーム。

9分。ブリッジのクロスのクリアボールをランパード!
しかし、いい入り方をしたのはローマか…
24分。絶好な位置でのFK。
デコがちょんと出し、ランパード!
強烈なシュートはクロスバー!
36分。トッティが魅せた。
巧みなステップからのラストパス!しびれる…
38分。今度はChelseaが魅せる。
ブリッジからデコ、そしてランパード!
流れるような攻撃だ…
解説の原さんが何度となく言っていたが、集中力が高く、
実にレベルの高い面白い前半であった。
スコアレスでシュートシーンがさほど多くはなかったが、
それでもあっという間の45分であった。
スコアレスでこれほど面白いゲームは久し振りだ。

後半、スコラーリが動いた。
マルーダに代わりベレッチ。
60分。Romaにアクシデント。
アクイラーニに代わりペロッタが入った。
直後の61分。ボシングアのFKにカルー!
どんぴしゃヘッドであったが、ゴールは割れない…
77分。カルーに代えディサント。
直後のCK。走り込んで合わせたのはジョン・テリー!
ゴォ~~~ル!
遂に均衡がやぶれた…
結局このまま長いホイッスル。

不敗神話が続いたChelsea。
60分を回り、トッティの運動量が落ち、勢いがなくなったRoma。
最大の勝因は、決定的な位置でのFKなどチャンスを与えなかった事だろう。
終わってみれば、Chelseaの勝負強さだけが印象に残ったゲームであった…

・UEFA Champions League ~Group A

Chelsea 1-0 Roma

Goal;Terry 78
e0055069_2156229.jpg

[PR]
by jicchan1968 | 2008-10-24 22:03 | サッカー
e0055069_22244022.jpg

Vicente Calderon Stadium。
このゲームを最も心待ちにしていた男がピッチにいないのは本当に残念だ…
私をはじめ、アトレチコのサポーターまでもが楽しみにしていたのだから…
Redsはそのトーレスではなく、キーンの1トップという布陣でカイトを休ませたか…
シナマやルイス・ガルシアなど懐かしいメンバーが顔を揃えているのも嬉しい限りだ…

立ち上がりベナユンが久々のスタメンで実にいい顔をしている…
13分。解説の粕谷さんも誉めていたが、シモンのFKは実にいいボールを蹴る。
すると14分。
スティービーのスルーパスに上手く飛び出したキーン!
ゴォ~~~~~ル!
見事早々にトーレス不在の不安を振り切った!
23分。右サイドに開いたスティービーから最高のクロス!
ただ合わせるだけでいいのにキーンがカッコよくきめようとして合わせられない…
右足を出すだけでいいのに…
もったいないというか考えられないミスと言ってもいい…
39分。リエラがボックス内で倒されてホイッスル!
しかしシュミレーションで逆にイエロー。
41分。アトレチコもフォルランがキレの良いシュート。
44分。アルベロアのもったいないファウルからのFK。
失点につながらなくてよかった…
45分。今度はマニシェがボックス内で倒れたが、これもシュミレーションでイエロー。
40~45分のアトレチコの時間帯に失点をしなくて本当によかった…
0―1での折り返しとなった。
久々の倉敷&粕谷コンビはやっぱり終始笑ってしまう…(笑)

後半、トーレスと戦いたかった一人アグエロが入った。
代わったのは残念ながらルイス・ガルシア…
53分。キーンに代わりカイトが入った。
56~57分。完全に崩されたが失点は免れた…
流れを変えたい…
Rafaは週末を考え予定通り?スティービーがOut。
代わってバベルが入った。
75分。遂にはシャビ・アロンソもOut。代わってルーカスが入った。
83分。ロングフィードにフォルランが上手くトラップし、フリーのシモンへ!
ゴール。
遂にやられてしまった…
静まり返っていたヴィセンテカルデロンが大歓声に包まれる…
嫌な時間帯が続いたが、88分。
カイトのクロスにバベル!
惜しくも枠を外した…
結局このまま長いホイッスル。

勝ち点『3』を逃したRedsだったが、これはRafaも想定内だったであろう…
とにかく今週末に向け怪我人が出なくてよかった。

・UEFA Champions League ~ Group D

Atletico Madrid 1-1 Liverpool

Goals;Keane 14 Simao 83
e0055069_22293539.jpg

[PR]
by jicchan1968 | 2008-10-23 22:32 | サッカー
e0055069_228173.jpg

Old Trafford。
以前FK以外は何の取り柄もない日本のへなちょこがゴールを決めた試合だ。
Unitedはやはり土曜日のゲームからメンバーを入れ替えてきた。
リオ、ラファエル、エブラ、ライアン、パクが代わったか…

14分。好調ウエインのネビルへのダイレクト!しびれる…
18分。ナニのクロスにウエインがボレー!
惜しかった…
そろそろ点が欲しい時間帯。
30分。ベルバトフがCKの混戦から浮き球を押し込んだ!
United先制!
39分。ウエインの鋭いシュートもGKがキャッチ。
46分。フレッチャーが決定的な場面というかごっつぁんゴールとも
言えるところで外してしまった…
息の根を止めるには絶好な時間帯でもあったが、
結局は1―0での折り返しとなった。

後半に入り51分。
アンデルソンが倒されて得たFKをロナウド!
GK弾いたところにベルバトフ!
ゴォ~~~ル!
続く54分にもウエインが上手く飛び出しゴール!
解説の原さんが言うようにこれこそオンサイドにみえたがホイッスル…
ついてないウエイン…
57分。ウエインもごっつぁんゴールが浮いてしまったが、ご愛嬌(苦笑)
60分。アレックスは想定通りの余裕の交代。
ネビルとベルバトフがOut。
ブラウンとやる気まんまんのテベスが入った。
73分。ステップからのウエインのシュートも素晴らしい!
彼の好調さがわかる力強いシュートだ。
76分。ウエインの素晴らしいシュートが決まった!
巧みなステップからサイドネットに突き刺さるグラウンダーのシュート!
ゴォ~~~~~ル!
79分。ロナウドがうずくまったが事なきを得た…
Unitedに一番怖いシーンであろう…
80分。下がった位置でボールを受けたウエインから
右オープンスペースへの強烈なパス!
見事すぎる・・・
82分。大事をとってロナウドに代えパクが入った。
このまま長いホイッスル。

結局終わってみれば想定通りのゲーム展開と結果であった。
所詮CLの大舞台にたつ程の実力がないチームが出てくるとこうなる…
大体口ずさむ歌が気に入らない…
『お前らが歌うな!』と言いたい(笑)
この弱小チームが…

・UEFA Champions League ~ Group E

Manchester Utd 3-0 Celtic

Goals;Berbatov 30 , 51 Rooney 76
e0055069_2274378.jpg

[PR]
by jicchan1968 | 2008-10-22 22:10 | サッカー
e0055069_22463433.jpg

Old Trafford。
今日のスタメンをみても相変わらず豪快な布陣だ。
とりわけテベス、スコールズを欠いてもベルバトフ、
そしてライアンや好調フレッチャーもいる…
ウエストブロムがどこまでもつかというのがまずは見どころだろうが、
マーク・ハルジーの笛裁きにも注目したい…

23分。ウエインがあっさりと先制!と思われたが、ファウルの判定。
25分。左サイド深い位置からのFK。
ロナウドの蹴ったボールにウエインがヘッド!
これはGKカーソンの正面。
攻めあぐねているUnitedにアクシデント。
36分。エブラに代わりオシェイ。
39分。ウエインがハーフウェイライン付近で倒され、ホイッスル。
ようやくウエインがハルジーに拍手した。
42分。ボックス内でウエインが落としてベルバトフ!
ここもDFがよく守った…
44分。ウエインが『前半で獲るぞ!』と鼓舞していたが、
結局ウエストブロムの予想以上の頑張りでスコアレスでの折り返しとなった。
前半終了を告げるホイッスルもマーク・ハルジーらしいものとなった…

51分。ゴール正面でウエインが強烈なシュートを放つが決められない…
56分。絶好調のウエインが強烈な飛び出しから切り返してのシュート!
ゴォ~~~~~ル!
本人の雄叫びのように完璧なフィニッシュ!
昨シーズン脇役に回ったが、完全に主役だ。
気持ちいい!
61分のウエインのシュートも今の彼の好調さを象徴するシーンであった。
65分。ラファエルに代わりネビルが入った。
69分。ウエインからロナウドへ!
これまた完璧なプレゼントパス!
ロナウドは難なく決めたが、笑顔はない…
71分。今度は流れたボールがベルバトフの前へ!
これまた難なく決めて3―0。
前半こそスコアレスだったが、結局は戦前の予想通り…
ウエストブロムも88分と89分の長いドリブルからのミラーのシュート以外は
可能性を感じるものは何一つなかった…
90分。ウエインの素晴らしいプレゼントパスに合わせたのはナニ!
これまたウエインの得点と言っても過言ではない完璧なお膳立てだ…

終わってみれば完勝のUnited。
とりわけウエインのキレはヤバ過ぎる(笑)
昨シーズンもロナウドが結果を出したが、そのお膳立てはウエインであった。
彼がいる限りUnitedの攻撃に曇りはないだろう…
そのくらいウエインの素晴らしさだけが目立ったゲームであった。

・Barclays Premier League

Manchester Utd 4-0 West Brom

Goals;Rooney 56 Ronaldo 69 Berbatov 71 Nani 90
e0055069_22442499.jpg

[PR]
by jicchan1968 | 2008-10-21 22:49 | サッカー
e0055069_22122028.jpg

Anfield。
前節、大逆転で勝ち点『3』を拾ったReds。
代表戦を挟んで久々のプレミアだ。
しかし期待のトーレスがその代表戦で負傷。痛過ぎる…

試合は立ち上がりからWiganペース。
23分にはビックチャンスを与えてしまう…
28分。キーンが決定的な場面を迎えたが、角度がキツかった…
すると直後の29分。
アッガーがやっちまった…
詰めたザキにボールを奪われWigan先制。
37分。アッガーがドリブルでハーフウェイラインを越え、左ドッセーナへ、
再び上がったアッガーがリターンパスを受け、中のカイトへ!
ゴォ~~~~~~~~~ル!
元々攻撃面でも魅力のあるアッガーが帳消しのラストパス!
Redsが前半で追いついた!
43分。好調のカイトが強烈なシュートを魅せたが、
GKカークランドが僅かに触ってクロスバー!
素晴らしいシュートだった…
46分。ペナントのクロスにリエラ!
惜しくも枠を外れた…
これで長いホイッスルと思った47分。
ザキが右サイドからのクロスにバイスクルボレー!
何とサイドネットに突き刺さり今日2点目のゴール。
これは撃ったザキを褒めるしかない…
結局前半はこのアクシデントで折り返しとなった。

52分。シャビ・アロンソのFKにアッガー!
これはオフサイド…
58分。キーンからカイト!
ここはGKカークランドのGood save!
続くCKも惜しかった…
72分。ゴール前絶好な位置でのFK。
壁の近さでもめたがスティービーのシュートは僅かに枠の外へ…
何か今日のスティービーは元気がないように映る…
75分。バレンシアがシャビ・アロンソを倒し、今日2枚目のイエローで退場!
まずは追いつき、勝ち越したい…
77分。遂にRafaが動いた!
ドッセーナに代わりエルザール。
続く79分。アルベロアに代えベナユン。
すると80分。代わったエルザールが仕事をした!
エルザールの折り返しにリエラ!
ゴォ~~~~~~~~~~~ル!
追いついた!
苦手な右足で丁寧に押し込んだ!
さぁあと1点!
すると85分。ペナントのクロスにカイト!
ゴォ~~~~~~~~~~~ル!
Reds逆転!
速いクロスに難しい体勢でよく押し込んだ。
95分。キーンがヒューピアに代わりいよいよ長いホイッスルを待つ…
待ちに待った長いホイッスル!

Redsが今シーズン4度目の逆転勝利で見事勝ち点『3』を獲得した。
それにしても今日のWiganは勝ち点『3』に値する試合内容であり、
とりわけザキの高い位置でのチェックをはじめ、素晴らしい戦いであった。
Redsの逆転は見事だったが、まずはWiganの健闘を称えたい。
そしてブルースの気持ちや前半の内容、ゲームの入り方を考えると
決して手放しで喜べる勝利ではない…

・Barclays Premier League

Liverpool 3-2 Wigan

Goals;Kuyt 37 , 85 Riera 80 Zaki 29 , 45
e0055069_22124495.jpg

[PR]
by jicchan1968 | 2008-10-20 22:17 | サッカー