イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2011年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

e0055069_2112813.jpg

Britannia stadium。
開幕戦こそAnfieldで引き分けたが、
何とか勝ち点『7』で難所Britanniaに乗り込んだ。
嫌な相手に古巣対決となるクラウチまで加わったStoke。
勝ち点『1』ではなく、当然『3』を狙って得て欲しいものだ…

開始2分。大歓声を黙らすスアレスのシュート!
枠にはいかなかったが、相変わらず好調だ。
20分。ジェイミーが何もしていないのに長いホイッスル。
ここはBritannia。
反響のいいスタジアムなだけに、うるさいサポーターの喜びに腹が立つ…
結局、前半はこのまま終了。
後半、キャロル、ベラミーの出場機会に期待したい…

後半に入り、61分。
ヘンダーソンが3本、チャーリー・アダムが2本撃つが決まらない…
決めろよ、ヘンダーソン…
まだ動かないのか、ダルグリッシュ…
67分。ようやく動いた。
カイトに代えてキャロル。ヘンダーソンに代えてベラミー。
70分。エンリケのクロスにダウニング!
ゴールの匂いがして来たが…
79分。スアレスがシュート!
やはりキャロルとベラミーが入り、流れが来ている…
ロスタイム。ジェイミーのPKはとって、アップソンのハンドは流す…
95分。スアレスのこぼれ球のシュートも枠の外…
本当にこのスタジアムは嫌いだ…

・Barclays Premier League
Stoke 1-0 Liverpool
Goal;Walters(pen) 21
[PR]
by jicchan1968 | 2011-09-11 21:05 | サッカー
中国、山東。
なでしこの選手たちも先導する子供たちと笑顔がこぼれる。
しかし、ピッチに入るアンセムが流れた瞬間、スイッチは入った。
さぁ、行こう!ロンドンを目指して!

開始9分。宮間から最高のスルーパスが永里へ!
しかし、決められない…
決めろよ…決定的な場面だった。
17分。近賀の大きなフィードに永里が落として、川澄ちゃん!
いい流れだ。
23分。阪口のミドルは浮いてしまったが、川澄ちゃんの動きが目立つ。
本当に3戦連続とは思えない運動量だ。
26分。澤さんから近賀、ラストパスを永里へ!
ポスト!決めろよ…決定的な場面を2つ外した…このFWはダメだ…
30分。近賀から川澄ちゃん!
いい飛び出しだったが、GKに防がれた…
35分。左サイド、鮫島ちゃんが高い位置から中へ仕掛けて、シュート!
まさに”NAGATOMO”のような素晴らしいフィニッシュだ!
43分。自信を失くした永里が川澄ちゃんへ戻したが、僅かに枠を外れた…
結局、前半はこのまま長いホイッスル。

岩清水の安定感はさすがだが、やはり熊谷からの雑なフィードが目立つ。
川澄ちゃんの動きは素晴らしいが、もう1人のFWが酷い…
もう少し右に開いた時の大野のスペースなどを有効に使いたいところだ。

後半に入り54分。
近賀の強烈なミドルもGKが何とかsave!
惜しい場面だった…
55分。またダメなFWが澤さんへ信じられないミスパス…
この木偶の坊、酷いのは顔だけにして欲しい…
60分。澤のシュートは惜しくも抑えが効かなかった…
62分。永里のポストプレーから川澄ちゃんへ!
ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ル!
ゴォ~~~~~~~~~~ル!ゴォ~~~~~~~~~~ル!
ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ル!
川澄ちゃあ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ん!
ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ル!
日本、先制!
71分。川澄ちゃんに代わって安藤。
75分。またしてもチャンスにダメなFWは自分で撃たない…
78分。左サイド鮫島ちゃんからのクロスに安藤!
惜しくも合わない…惜しい場面だった。
83分。木偶の坊ではなく、大野に代わって丸山が入った。
86分。丸山から宮間。宮間から最高のラストパスに木偶の坊が邪魔だ!
安藤の決定的な場面だったが、本当に木偶の坊が邪魔だ!
結局、このまま長いホイッスル!

プレッシャーのあったゲームでも、なでしこは強かった。
韓国戦と比べても完全にゲームを掌握していた。
特に後半の内容は得点だけでなく、いい場面が観られた。
そして、インタビューも川澄ちゃん、鮫島ちゃん、澤さんといい流れだ。
とにかく次の北朝鮮戦。
勝ち点『3』で一気に決めにいこう!

日本 1-0 オーストラリア

Goal;川澄 62
[PR]
by jicchan1968 | 2011-09-05 23:00 | サッカー
中国、山東。
いよいよ世界王者として挑むなでしこジャパンの大事な戦いが始まる。
初戦は格下と言われるタイ。
初戦というのは本当に難しい…
ピッチャーでも立ち上がり、力士でも初日というのが最も難しいと言われている。
ましてや、世界王者となり、国民栄誉賞を受賞し、注目度は全く異なる。
超過密日程、追われる立場での厳しい道を突き進み、行こう!ロンドンへ!

前半、立ち上がりから攻めるが、こういうゲームでは先制点が難しい…
致命的なミスパスから危ない場面はあったものの、前半はスコアレス。
おそらく30分を回った辺りから、
『やっぱり澤、宮間が居ないと…』という焦りも感じられた。

後半、やはり則夫さんが動いた。
なでしこの飛車角の一枚、背番号『8』宮間が入った。
するとやはり鮫島との左サイドが起点となり、
絶妙なボールタッチから、精度、質の高いパスが生まれる。
逆に右サイドのマギーでリズム感が失われる…
大野投入と私が思っていた瞬間、先制点が生まれた。
61分。浮き球のパスに走り込んだ川澄ちゃん!
ゴォ~~~~~ル!
待望の先制点!
まさしくゴールにパスというような流し込んだシュート!
川澄ちゃんの笑顔がいい!
65分。マギーに代わり大野投入。
引いた相手には大野のドリブルでの仕掛けが効果的だ。
DFを引きつけ、空いたスペースを使えると共にミドルもある。
71分。宮間のしびれるようなラストパス!
しかし永里が決められない…
74分。再び宮間のしびれるスルーパスに走り込んだ大野がダイレクトで中へ!
上尾野辺のヘッド!
決定的な場面だったが、GK good save!
すると則夫さんが2枚目のカードをきった。
永里に代えて安藤。
スペースへの走り込みが期待出来る。
そして何より彼女自身、ゴールという結果が欲しいであろう…
75分。宮間のCKがファーに流れて田中!
ゴォ~~~~~ル!
2-0!
待望の追加点!
その後もチャンスはあったが、90分。
田中のスルーパスに抜け出した大野!
最高のクロスをオウンゴール。
またしても安藤のゴールにはならなかったが、貴重な3点目。
こうした予選では得失点差が重要となる。
結局、このまま長いホイッスル!

プレッシャーはあったものの、無事、勝ち点『3』を手に入れた。
前半は固さはあったものの、やはり背番号『8』宮間が入った後半は決定機が増えた。
もうちょっと鮫島から永里へのクロスなどサイドからの攻撃が観たかった。
大野、安藤というキープレーヤーの存在も大きい…
マギー、宇津木はよくなかった…
ベンチで観ていた背番号『10』の心配そうに観ていた前半の表情が全てを物語っていた。
いずれにしてもいい結果で良かった…

日本 3-0 タイ

Goals; 川澄 61 田中 75 クワントゥルタイ(og) 90
[PR]
by jicchan1968 | 2011-09-05 22:56 | サッカー