イングランドプレミアシップとUEFAチャンピオンズリーグを中心としたサッカー観戦レポート。


by jicchan1968
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2012年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

e0055069_6461792.jpg

Etihad Stadium。
ELを敗退し、スウォンジーにも足元をすくわれたCity。
一方、監督更迭という荒療治でCLを大逆転したChelsea。
対照的なチームだが、どちらもイタリア人指揮官となった。
しかし、今日の注目はアルゼンチン人ストライカーであろう…
カルロス・テベス。

ゲームは8分。中央からナスリ!
GKチェフも何も出来なかったが、シュートはクロスバーを叩いた。
まだChlseaに運があるのか…
20分。Chlseaにアクシデント。
代えてくれというジェスチャーをしていたイバノビッチが下がり、
ボジングアが入った。
29分。ランパードからバロテッリへプレゼントパス!
完全に抜け出したが、決められない…
その後のCKも活かしきりないCity。
Cityにとっては嫌な流れだ。
この流れを断ち切るにはやっぱりあのアルゼンチン人の投入か?
結局、前半はこのまま終了。
Cityはビックチャンスを活かせなかった。
一方のChlseaは大きなミスや完全に崩された場面もあったが、
無失点で終える事が出来た45分であった。
FA Cupで点をとったとはいえ、
背番号”9”には相変わらずゴールの匂いは全くしない。

後半、バロテッリを下げ、バリーを投入したマンチーニ。
58分。ラウール・メイレレスを下げエッシェン。
60分。CKのこぼれ球にケイヒル!
ゴォ~~~~~ル!
Chlsea先制!
ケイヒルのシュートがトゥレ兄弟に当ってコースが変わった。
やはりチャンスをモノにしないとこういう展開になる。
どうする、マンチーニ。
あの男しかいないだろう…
65分をまわり、デ・ヨンクに代わり、カルロス・テベス。
マンチーニがテベスの肩に手を回し、指示する…
まさかこんな絵が再び見られるのは…
73分。ディ・マッテオが最後のカードをきった。
色褪せたストライカーに代えてドログバ。
75分。マタがキレのあるシュート!
すると76分。マンチーニも最後のカードをきる。
シルバに代えてジェコ。
77分。CKからサバレタのシュートにエッシェンがハンド!
PK!アグエロが落ち着いて決めて、City同点!
85分。ナスリからテベス、壁になってナスリ!
ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ル!
テベスが帰って来た!
決勝ゴールはナスリだが、主役はテベスだ!
最高のお膳立てだ!
94分。アグエロがよく粘り、シュートまで行ったが枠にはいかない…
すると待望の長いホイッスル。

終始ペースを掴んでいたCityだが、
チャンスを活かせずアンラッキーなゴールで先制された。
しかし、テベスが入り、アグエロがPKを落ち着いて決め、
テベスが最高のお膳立てでナスリのゴールを生んだ。
コンディションはまだまだかもしれないが、
Unitedとの大一番には十分間に合うだろう。
Unitedを破っての悲願達成は、
マンチーニの夢やサポーターの夢でもあるが、
あの赤いユニフォームに別れを告げた男、
カルロス・テベスにとっても一番の夢であるにちがいない…

・Barclays Premier League
Manchester City 2-1 Chelsea
Goals;Cahill 60 Aguero(pen) 78 Nasri 85
[PR]
by jicchan1968 | 2012-03-22 06:46 | サッカー
e0055069_7371378.jpg

Molineux。
ヨーロッパリーグではビルバオに苦杯をなめさせられたプレミア王者。
その”ウサ”をこのゲームで晴らしたいところだ。

立ち上がりはUnitedペースだったが、18分。
左からのクロスにフレッチャー!
オフサイド気味だったが、惜しくも枠を外れた。
21分。ウエインのCKからファーにいたキャリックへ!
折り返しにエバンス!
ゴォ~~~~~ル!あつさりとUnited先制!
ウルブスもいい位置でのFKが何本かあったが、活かせなかった。
40分。ウェルベックを倒してズバールが2枚目のイエローで退場!
もう決まったといっていいだろう…
43分。カウンターから右サイドを走り抜けてバレンシア!
ゴォ~~~~~~~~~~ル!
自身の復帰を祝うかのような強烈なドリブルとシュート!
46分。右サイド、バレンシアからのクロスにウェルベック!
0-3!
このゲームの興味は、誰がハットトリックするか?という賭けぐらいだ。

後半、56分。61分とチチャリートがゴール!
終わってみれば0-5。
Unitedが数的有利な戦いとはいえ、
ヨーロッパリーグ明けの大事なゲームを快勝した。
5失点とはいえ、GKヘネシーには労いの拍手を贈りたい…

・Barclays Premier League
Wolverhampton 0-5 Manchester Utd
Goals; Evans 21 Valencia 43 Welbeck 45 Hernandez 56 , 61
[PR]
by jicchan1968 | 2012-03-19 07:37 | サッカー
サンチェス・ピスファン。
今月はスカパーさんのご好意で1ヶ月間だけWOWOWが観られる。
ヒホンに続いての観戦だ。
もう負けられないバルサ。
注目の一戦だ。

18分。ゴール前左サイドからのFK!
シャビの狙いすましたゴールが決まってバルサ先制!
20分にもイニエスタがシュート!
枠に行かなかったが、何とも素晴らしい流れだ…
25分。メッシからイスエスタ、戻してメッシ!
ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ル!
いやらしいまでのループ!
27分にもゴール正面からシャビ~~~~!
決定的な場面…何点入るんだ!
33分。セビージャもビックチャンスもクロスバー!
決定的な場面だった。
その後40分のペドロとロスタイムのセスクの決定的な場面はあったが、
このまま長いホイッスル。
休みをもらった偉大なるチャンピオンの前半であった。

後半に入り、84分。
右サイドから抜け出し、中へのクロス!
セビージャの決定的な形であったが、決められない…
88分。バルサもサンチェスがとどめの一発を決められない…
結局、このまま長いホイッスル!
もうちょっとヒホン戦のような緊張感あるゲームを期待したが、
磐石の内容でセビージャを退けた。

セビージャ 0-2 バルセロナ
得点:シャビ 18 メッシ 25
[PR]
by jicchan1968 | 2012-03-18 21:10 | サッカー
e0055069_89032.jpg

サンマメス。
サァー・アレックスが完敗を認めた1stLeg。
Old Traffordでの3失点は誰もが予想していなかっただろう。
0-2で勝てばいいとはいえ、ここはサンマメス。
United本来の力を出せば3点差以上も決して不可能ではないが、
サンマメスでの無失点の方が難しいかもしれない。

ゲームは3分。
スサエタのFK。あわやという惜しい場面だった。
14分。ジョレンテが壁となって抜け出したムニアイン!
決定的な場面だったが、シュートはポスト!
完全に1点モノだった…ベンチが頭をかかえる場面だ。
23分。VTRを紹介している間にジョレンテ!
ロングフィードに走り込んでダイレクトボレー!
ゴォ~~~~~~~~~~ル!
ビルバオ先制!
あまりに美しいゴールだ!
縦一本だが、決めたジョレンテが本当に素晴らしい。
サンマメスがお祭り騒ぎのように揺れ出した。
ジョレンテ~~~ジョレンテ~~~ジョレンテ~~~
27分。Unitedもようやくヤングのクロスにライアンのヘッド!
ここから最低3点は取らなければいけないのだ。
Unitedも仕掛けなければいけないが、
同時にビルバオにスペースが生まれるのだ。
40分。エース、ジョレンテを下げてトゥケーロ。
最低でも60分位は観たかったが仕方ない…
前半はこのまま終了。
後半の立ち上がりにせめて1点でも奪えるかUnited。

後半に入り、54分。
イラオラが中央に入ってボックス内でエバンスとリオを翻弄し、シュート!
決定的な場面だった。14分のムニアイン同様、完全に1点モノだった。
57分にもトゥケーロ!
シュートは枠を超えたが、決定的な場面。
63分。アレックスが動いて、リオとキャリックを下げた。
完全に諦めた訳ではないが、経験を積ませたいのとリーグを見据えてだろう。
65分。右サイドからのクロスにトゥケーロ!
競ってこぼれたところにデ・マルコス!
ゴォ~~~~~~~~~~ル!
2-0!
United相手とはいえ、これで決まったといってもいいだろう。
67分をまわり、ライアンに代えてウェルベック。
73分。ボックス内で最後はスサエタ!
枠に行かなかったが、これもいい形だった。
74分。イラオラからのクロスにトゥケーロ!決定的!
攻撃が最大の防御となっている。
79分にもスサエタ!
一方的な展開だ。
80分。ようやくウエインが狙いすました強烈なミドル!
ゴォ~~~~~ル!1点を返した。
88分。ムニアインに代えてサン・ホセ。
結局、このまま長いホイッスル。

イングランド王者を相手に、勇敢に戦い、完全なる勝利を手にしたビルバオ。
ビエルサの指揮、ジョレンテの決定力やポストプレー、
イレブンの運動量、カウンターの迫力…
バルサ、レアルの2強と言われているリーガだが、
本当に素晴らしいチームだ。
サンマメスに行ってみたくなった。
Old Traffordでの戦いが全てであった。

・UEFA Europa League -Fourth Round- 2nd leg
Athletic Bilbao 2-1 Manchester Utd
Goals;Llorente 23 De Marcos 65 Rooney 80

※Athletic Bilbao won 5-3 on aggregate
[PR]
by jicchan1968 | 2012-03-16 08:09 | サッカー
e0055069_7292181.jpg

Stamford Bridge。
時間の問題と言われていた監督解任。
現実のものとなり暫定監督はディマッティオ。
大舞台に迎える相手はイタリアの名門、ナポリ。
皮肉なものだ…
Joseの時代に難攻不落と言われたこの地でどんな戦いを見せてくれるのか?
一方のナポリは最高のトライアングルが
この地でもいつものハーモニーを奏でるのか?
本当に楽しみな戦いだ。

オープニングシュートは5分。スタリッジだ。
10分。ハムシクのシュートもGKチェフが反応。事なきを得た。
13分。ナポリの攻撃も流れるようないつものハーモニーだ。
ファーサイドにカバーニがちゃんと詰めている。
ハムシクからの右サイドへのパスのタイミングも絶妙だ。
14分。真ん中から右オープンスペースに走りこんでラベッシ!
キレのあるいい攻撃だ。
29分。攻めあぐねていたChlsea。
左サイドからラミレスの右足のクロスにドログバ!
ゴォ~~~~~ル!Chlsea先制!
全盛期を彷彿させる一撃だ。
ベンチで喜ぶディマッティオが足をすべらせていたが、
このゲームの終盤、足元がすべらない事を祈りたい…
しかし、このままラベッシ、カバーニを抑えられるのか…
37分。接触プレーで痛めていたマッジオが下がりドッセーナ。
43分。ランパードがスミガを倒してイエロー。
ロスタイム。マタからダビド・ルイス!
決定的な場面だったが、待望の2点目は奪えなかった。
ナポリの攻撃を抑えたChlseaがドログバの一撃でやや落ち着いたが、
このままでは終われないChelsea。
果たして後半は…

47分。ランパードのCKに”キャプテン”ジョン・テリー!
ゴォ~~~~~ル!2-0!
これで面白くなったが、あのUnited戦の記憶も新しい…
この2点差が油断やナポリのスイッチを入れてしまった可能性もある。
Chlseaはキャプテンの魂のゴールを無駄にしたくはない。
すると55分。
インレルが胸トラップから綺麗なミドル!
ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ル!
2-1!形勢逆転!
カバーニでもなく、ラベッシでもなく、ハムシクでもなく、インレル!
フィニッシュまでも早い、素晴らしいゴールであった。
60分をまわり、ディマッティオが動く。
背番号”9”がスタンバイのようだ。
スタリッジを下げてトーレス。
66分。難しい体勢からドログバ!
決定的だったがGKディ・サンクティスがgood save!
決まったかと思った。
70分。ナポリのビックチャスもGKチェフがgood save!
74分。ChlseaのCK。
イバノヴィッチのシュートをブロックしたのはドッセーナの手!
PK!
75分。落ち着いて決めたのはフランク・ランパード!
ゴォ~~~~~ル!3-1!振り出しに戻った!
何て面白いゲームだろう。
だからフットボールはやめられない…
87分。ハムシクのクロスにラベッシ!
僅かに届かなかった…
長いホイッスル!

粕谷さんも私も想像もしていなかった延長戦。
面白過ぎる(笑)

延長に入り91分。
CKからイバノヴィッチ!
セットプレーは危ない…
92分。ゴール前でハムシクのボレー!
惜しくも枠を外れた…
94分。カバーニが抜け出したがオフサイド!
95分。マタに代えてマルーダ。
98分。最後のカードはボジングア。
何と代わって下がったのは”キャプテン”ジョン・テリー。
100分。
GKディ・サンクティスが目測を誤ってビツクチャンスにトーレス!
枠に行かなかった…
完全に別人になってしまった…
103分。カウンターからトーレスのラストパスをクリアしたのはカバーニ!
本当にタフで素晴らしいプレーヤーだ。
105分。ドログバからイバノヴィッチ!
ゴォ~~~~~ル!4-1!
延長前半が終わった。

延長後半。ハムシクに代えてパンデフ。
これもまた楽しみな選手だ。
インテルでも貴重なゴールが記憶に新しい。
110分。最後のカードはバルガス。アロニカに代わって入った。
長いホイッスル。

暫定監督を引き受けることになったイタリア人は、
絶体絶命のビハインドのなか、母国の名門ナポリを退けた。
ドログバの一撃、”キャプテン”ジョン・テリーの魂の復活ゴール、
ランパードの外さないPK…
全盛期のChlseaがそこにはあった。
イレブン、ベンチ、サポーター、スタジアム全てが一体となり、
逆境をはねのけた。
次のステージでナポリを観られないのは本当に残念だが、
風前の灯となりかけたプレミアの灯が何とか再び灯った。
本当にフットボールの醍醐味を味わえた素晴らしい120分。
Chlseaの選手は勿論だが、敗れたナポリにも拍手を贈りたい。
難攻不落とうたわれたStamford Bridgeがそこにはあった。

・UEFA Champions League First Knock-Out Round
Chelsea 4-1 Napoli
Goals;Drogba 29 Terry 48 Inler 55 Lampard(pen) 75 Ivanovic 105
(3-1 after 90 mins)
※Chelsea won 5-4 on aggregate
[PR]
by jicchan1968 | 2012-03-15 07:31 | サッカー
e0055069_772442.jpg

Anfield。
クソジジイの顔は死ぬほど見たくないが、
このダービーは観ない訳にはいかない…
クソジジイは使いモノにならないヘンダーソンをスタメンにし、
働き者カイトを再びベンチに下げた。
マキシも使わない…
本当にクソジジイだ。今すぐ消えろ!

7分。スティービーからのサイドチェンジ!
スアレスからボックス内に入って来たスティービー!
いい流れだったが、決められなかった。
しかし、躍動感あふれるキャプテンの動きだ。
12分。キャロルからスアレス!これも決定的!惜しい場面が続く。
15分。使いモノにならない奴がボールを奪われ、ピンチ!
腰が痛いのなら、とっととカイトかマキシに代わって欲しい。
34分。ケリーのシュートが阻まれたが、諦めず追って行き、詰めて、
最後はスティービー!
ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ル!
ゴォ~~~~~~~~~~~ル!ゴォ~~~~~~~~~~~~~ル!
ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ル!
狙いすました一撃!
私も5:34に久々に「よ~~しっ!」と声が出てしまった。
38分にもケリーの惜しいシュートがあった。
とにかく躍動感あふれるスティービーが戻って来てくれたのが、
何よりも嬉しい。
ピンチはあったものの、久々に気持ちいい前半が終わった。

後半に入り、51分。
スアレスがボックス内で粘って、最後はスティービー!
ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ル!
ゴォ~~~~~~~~~~~ル!ゴォ~~~~~~~~~~~~~ル!
ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ル!
スティーブン・ジェラ~~~~~~ド!
2-0!
53分。今度はボックス内左でスアレスが粘って最後はキャロル!
決定的な場面だったが、枠を外れた…
55分。ダウニングのクロスにケリー!あと一歩の場面だった。惜しい!
61分。エバートンは3枚代え。
調子が悪いようだが、最も嫌なケイヒルが出て来ないのは有難い。
さすがモイーズ。大胆だ。
粕谷さんが言っていたように何のプランも持っていないクソジジイには
百万回生まれ変わっても出来ないだろう。
思考回路自体、彼は持っていないのだから…
69分。キャロルのサイドチェンジからチャンスが生まれる。
スアレスがワンタッチで走り込んで来たスティービーへ!
少しパスが流れたが、今までにない最高の形だ。
73分。ようやく役立たずに代えてカイト。
78分。スアレスが倒されたが、
相手チームがブーイングしたくなる気持ちもわかる…
93分。スティービーはハーフウェイライン際から持ち込み、左スアレスへ!
スアレスはDFを引き付けて、”キャプテン”スティービーへ!
ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ル!
ゴォ~~~~~~~~~~~ル!ゴォ~~~~~~~~~~~~~ル!
ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ル!
3-0!

上が代わらないのなら自分たちでやるしかない。
どっかのサラリーマンの嘆きのようだが、
やっぱり”Merseyside Derby”
モチベーションという一言以上に気持ちの入った素晴らしいゲーム。
とにかく前に進むしかない。
TVカメラにスティービーのユニフォームを見せてくれた彼も喜んでいるだろう。
最後のスアレスのお膳立てが”あの握手”の一件の償いに聞こえてならない。
「キャプテン、サポーターみんなごめんね、許してくれるかな?」
こんなプレゼントならいくら貰ってもいい。

・Barclays Premier League
Liverpool 2-0 Everton
Goals;Gerrard 34 , 51 , 90
[PR]
by jicchan1968 | 2012-03-14 07:08 | サッカー
e0055069_843790.jpg

Old Trafford。
ヨーロッパリーグではビルバオにHomeでまさかの完敗。
ベクトルの違いやプライオリティーの問題と簡単には片付けられない敗戦だ。
リーグ戦に戻って王者の貫禄を見せつけてもらいたい…

立ち上がりはバギーズもいい攻めを見せていたが、35分。
右に開いたチチャリートのシュート気味のクロスにウエイン!
ゴォ~~~~~~~~~~ル!
ようやくこじ開けた!
直前の33分にもヤングからウエインへの決定機があったが布石だっか…

後半に入り53分。
ウエインからチチャリート!
トラップしてから左隅を狙ったが、ポスト!
続く54分にもウエインのオーバーヘッド!
ゴールの匂いがぷんぷんだ。
59分。スコールズのパスにウェルベック!
惜しくも右に外れた…
66分。オルソンがチチャリートへスライディング!
2枚目のイエローで退場。
1点差だが、苦しくなった…
すると70分。ヤングがボックス内でアンドリュースに倒され、PK!
ウエインが落ち着いて決めて2-0。
これで決まった。
72分。御役御免とばかりにスコールズが下がった。
結局、Unitedが順当に勝ち点『3』を追加した。
やはり王者はビルバオ戦を引きずる事はなかった。

・Barclays Premier League
Manchester Utd 2-0 West Brom
Goals;Rooney 35 (pen) 71
[PR]
by jicchan1968 | 2012-03-13 08:05 | サッカー
e0055069_5291723.jpg

Stadium of Light。
前節は決定機をあまり与えなかったらも関わらず、
ファン・ペルシーの素晴らしいゴールに沈んだReds。
PKも決められないのだから…
何の戦術も持っていないロートル監督いやクソじじいなら当然の結果だ。
あの震災から1年が経つが当時の総理も辞めろと言われても辞めなかったが、
彼の1000億倍以上、このロートルには責任感のかけらもない。

あまりに退屈な45分が過ぎた。

後半に入り、56分。
キャンベルがいいコースを狙ってシュート!
ポストに2度阻まれたが、詰めたのはベントナー!
案の定、先制された…
返せるのか?
先制されても相変わらずクソの役にも立たないロートルはただつったってる…
頼むから今すぐ消えてくれ!
ようやく動いたのは69分。
ベラミー、アダムに代えてスティービー、キャロルが入った。
80分。ヘンダーソンに代えてダウニング。
結局、このまま長いホイッスル。

またしてもゴールを奪えずに敗戦。
監督の差が月とクソ以上の差がある。
当然の結果だろう。
クソの役にもたたないロートルのせいでまたしてもあっさりと敗戦。
俺はクラブのレジェンドで今シーズンはタイトルを獲ったとしか思っていない
クソジジイに偉大なるRedsの指揮をする資格はない!
ホジソンの時は決断が早かったのに、何を考えているのだろう?
スティーブ・クラークという黄金期のChelseaを支えたコーチに
残りのシーズンを預けるか、
Rafaのような素晴らしい監督を1秒でも早く呼ぶべきである。
無様な戦いをこれ以上、観ていたくない…

・Barclays Premier League
Sunderland 1-0 Liverpool
Goal;Bendtner 56
[PR]
by jicchan1968 | 2012-03-13 05:30 | サッカー
e0055069_7171125.jpg

Old Trafford。
ビルバオを迎えての対戦となったUnited。
興味深いカードだ。

ゲームは4分。
ジョレンテがシュート!
難しい体勢からフィニッシュまで行く…素晴らしい
しかし22分。
チチャリートからライアン、戻してチチャリートがシュート!
GK弾いたところにウエイン!
ゴォ~~~~~~~~~~ル!
United先制!
30分。ボックス内で粘り、最後はジョレンテ!
この粘りがビルバオの強さであり、驚異だ。
33分。エバンスがスサエタに完全に裏を取られビックチャンス!
ループで狙ったが惜しくも枠に行かなかった…
36分。イラオラ!
至近距離の角度のないところから狙っていった!
GKデ・ヘアのgood saveに阻まれた。
42分。ウエインが右サイドからのクロス!
続く43分にもパクからのフィードで上手いタッチで抜け出す。
本当に上手い。
44分。ジョレンテが起点となり、右からのクロスにジョレンテ!
ゴォ~~~~~~~~~~ル!
ど真ん中からの強烈なヘッド!
ビルバオが振り出しに戻し、折り返しとなった。

後半に入り49分。Unitedがいい攻めをした後に
TVカメラがビエルサを捉える。
どうやらジャンパーのファスナーが上手くはまらないようだ…
50分~53分。ビルバオのいい攻撃が続く。
すると54分。スモーリングがかなりの出血で下がった。
55分。ゲームが切れ、代わって入ったのはキャリック。
60分。ウエインからチチャリート!ワンタッチで撃てなかった…
61分。パクが下がりアンデルソン。
68分。決定的な場面もGKデ・ヘアがgood save!
72分。真ん中から上手く抜け出し、デ・マルコスがシュート!
ゴォ~~~~~~~~~~ル!
ビルバオ逆転!
今日のゲーム内容からは当然の成り行きだろう。
75分。最後のカードはライアンに代えてナニ。
80分をまわり、ようやくビエルサが動いた。
ジョレンテが御役御免となった。
素晴らしい”9”番だ…
キャロルもこの位やって欲しいのだが…
90分。デ・マルコスが難しい体勢からシュート!
GKデ・ヘアがgood save!
しかしこぼれ球に先に詰めたのはムニアイン!
ゴォ~~~~~~~~~~ル!
粕谷さんも言っていたが、完全にラファエウのさぼりだ。
ロスタイム。ハンドで得たPKをウエインが落ち着いて決めて2-3。
UnitedのCKが続いたが、長いホイッスル!
Unitedがまさかの3失点を喫し、Homeで敗れた。

粕谷さんが言うようにベクトルがプレミアに向いているとはいえ、
ここはOld Traffordだ。
ビルバオはプレミア王者に引いて守らず、攻めの姿勢を貫いた。
攻撃は最大の防御というべきかとくかくビエルサ・ビルバオが底力を見せた。
モチベーションが違ったという一言では決して片付けられない敗戦だ。
粕谷さんも再三言っていたが、
デ・ヘアがあれだけ防いでいたにもかかわらずの3失点。
本気で勝ち抜くには一部の修正と相当の気持ちが必要であろう。

・UEFA Europa League - Fourth Round 1st leg -
Manchester Utd 2-3 Athletic Bilbao
Goals;Rooney 22' 90+2' Llorente 44' De Marcos 72' Muniain 90'
[PR]
by jicchan1968 | 2012-03-09 07:19 | サッカー
アルガルベ スタジアム。
遂にアメリカを倒し、ここまで来たなでしこ。
決勝の相手はドイツ。
地元のW杯で苦杯をなめさせられ、五輪切符まで奪った。
”リベンジ”
絶対にこのチームにだけは負けないという強い気持ちは間違いない。
相当高い位置からのハイプレスでガツガツ来るだろう。
いつものパスをつなぐ形は出来ずカウンターで裏をつく形しかないだろう。
どこまで我慢出来るかが鍵となるだろう。

17分。永里が何とか振り切りシュート!
決まったかと思ったが、GKのgood save!
いいシュートだった。
すると20分。右サイドからのクロスにマロジャーン。
やられた…
22分。CKからやられた…0-2。
名前を出すのも気色悪いバラック(私はゴリラとしか呼ばないが)
そっくりの選手のヘディングだった。
妹なのか?
彼女には何の恨みもないのだが呼び方が決まってしまった。
35分。大野から安藤。仕掛けて川澄へ!
得意の形からシュート!
ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ル!
本当に決定力がある。
大事な時に決めるのが川澄だ。
素晴らしいシュートだった。
39分。ショートCKをミスした後、宮間から永里!
最高のパスだったがトラップで止められない…
しびれるようなスルーだった。
42分。再び宮間から永里!今度はシュートまでいけたが、GK正面。
それにしても宮間のパスの精度が素晴らしい。
結局、前半はこのまま終了。
2失点を喫したが、川澄が少ないチャンスをモノにした。
予想通りの厳しいゲームだが、
後半の立ち上がりを上手く耐えられればわからない。
近賀、熊谷を投入し、修正を図りたい。

後半、やはり佐々木監督が動いた。
安藤に変えて田中。鮫島に代えて近賀。岩清水に代えて熊谷。
50分。川澄から宮間、スルーに大野。いい形を作った。
55分。いい流れからつかんだCK。
宮間からショートで川澄。下げて永里!
シュートミスしたところに詰めた田中明日菜!
ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ル!
ゴォ~~~~~~~~~~ル!ゴォ~~~~~~~~~~ル!
ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ル!
なでしこ同点!
やっぱりこのチームは凄い!
58分。有吉がファウルを取られたがいいプレスだ。
60分。完全に流れをつかんだなでしこ。
最後は大野がキレのあるシュートで終わる。
62分。川澄の粘りから得たFK。
ゴール前の高さを避けて宇津木!面白い狙いだった。
さすが宮間だ。
63分。珍しく宮間がFKで足をすべらせた。
しかし、ボールを奪ったのは宮間。頭が下がる…
66分。阪口から右のオープンスペース大野へ!
前半になかなか観られなかった展開だ。
69分。右からのクロスにGK海堀が弾く!熊谷がよく詰めた!
海堀らしくないプレーだ。福元を起用したのがわかる。
79分。右からのクロスに最後は近賀がクリア!
やはりGK海堀の判断がよくない…
今大会は福元の方が安定感がある。
81分。宮間のふわっとしたCKに阪口のヘッド!
入ったかと思ったが、枠に行かなかった…惜しい!
88分。有吉がボックス内で相手を倒しPK。
メスゴリラに決められた…
すると田中に代えて高瀬。
すると90分。宮間から右近賀へ大きな展開。
近賀から川澄、高瀬と渡ってクロスにGKキャッチミス。
詰めた永里がシュート!
ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ル!
ゴォ~~~~~~~~~~ル!ゴォ~~~~~~~~~~ル!
ゴォ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ル!
この時間で追いついた!
ミラクルなでしこ!
しかしGK海堀が再び判断ミスでミスゴリラにやられた…
大野に代えて木龍。
非情の長いホイッスル。

ミラクルなでしこもリベンジに燃えるゲルマン魂の前に屈した。
今日はGK海堀が本当によくなかった。
判断が曖昧で自信に満ち溢れたドイツでの姿はなかった。
福元であったらとたらればを言っても仕方ないのだが…
代償は大きいが、有吉もいい経験になった筈だ。
負け惜しみではないが澤不在の中でのこの経験は本当に大きい。
結果としては残念だが、チームとしての底上げが図れた。
阪口、熊谷そしてバックアップであった田中の成長。
鮫島、近賀の安定感。
宮間の存在感。
収穫も多い大会であった。
日本で開催されるキリンチャレンジでは、課題を修正し、
この悔しさをロンドンではらしてもらいたい。

・アルガルベカップ決勝
日本 3-4 ドイツ
[PR]
by jicchan1968 | 2012-03-08 07:15 | サッカー